「アイドル系幼妻」とセクロス三昧┃出来ちゃった婚の若奥さんをセフレにしちゃった件w

カテゴリー 男の恥ずかしい体験談タグ

出来ちゃった婚の「アイドル幼妻系若奥様」とのセクロス体験談ダスw

 

 
そう、2歳のとき、23歳の人妻と付き合ってた。
 

 
 

 

 
 

その子は旦那が初めての男で、俺とヤルまでは他の男は知らなかったそうだ。
 

 
 

 

 
 

学生時代は、校内にファンクラブだか親衛隊だかができるような、可愛いだけじゃなく、守ってあげたくなるような、可憐な女の子だった。
 

 
 

 

 
 

19歳で旦那とデキ婚をした。
 

 
 

 

 
 

俺と会うときは、実家に子供を預けて来ていた。

 

たまにヤッてる最中に、実家の母親から子供のことで電話がかかってきてたなぁ。
 

 
 

 

 
 

通話中も俺のちんこは刺さったまま。
 

 
 

最初はメル友だった。
 

 
 

 

 
 

正直なところ、最初から下心はあったが、あくまで爽やかキャラを演じた。
 

 
 

年は4つサバを読んでた。
 

 
 

 

30代だと引かれるんじゃないかと思ってさ。
 

 
 

日々のメールでは、徐々に話題を下ネタにしていった。
 

 
 

 

 
 

そこで彼女が旦那以外とエッチしたことがないことや、旦那が仮性包茎でちんこが12cmしかないことを聞き出した。
 

 
 

俺は経験豊富だし、ちんこは18cmでズル剥けだ。
 

 
 

 

 
 

顔写メを交換してからは、ちょいエロ写メを送ってもらったりしてた。

 

可愛いから誉めるんだけど、彼女はそれにいちいち喜んでくれて、自然と会う流れになった。
 

 
 

 

 
 

旦那以外とのエッチ。
 

 
 

「イヤになったら言ってね」
と、逃げ道も用意してあげた。
 

 
 

 

 
 

昼間に駅で待ち合わせをして、俺の車で自然のきれいな山道をドライブ。
 

 
 

会ってみて、話をしてみて、思ったよりも華奢な体と、幼いしゃべり方に興奮した覚えがある。
 

 
 

 

う前から、

「ミニスカを穿いてきてね」
とお願いしていた。
 

 
 

エロいキャラも定着しているから、運転しながらスカートの中もお触りOK。
 

 
 

 

 
 

でも、何度も

「イヤじゃない?」
と確認したなぁ。
 

 
 

すべすべで柔らかい脚の感触が気持ち良かった。
 

 
 

 

 
 

脚が細いから閉じていても、簡単に股間に手が届く。

 

運転しながら左手を徐々に股に挟まれるようにしていき、小指をパンツの中に潜り込ませると、じっとりと濡れた手触り。
 

 
 

 

 
 

いきなりホテルもなんだから、山中の展望台で車を降りた。
 

 
 

ここは地元でも有名な滅多に人の来ない場所。
 

 
 

 

 
 

街を見下ろす景色がすごく良いんだけどね。
 

 
 

他愛もない話をしながら、たぶんお互いを値踏みしてたんだと思う。
 

 
 

 

夜景ならぬ昼景を眺めながら、彼女を後ろから抱きすくめると、カットソーの下から手を滑り込ませてブラを引き下げ、生乳首に触れる。
 

 
 

このとき初めてキスをした。
 

 
 

 

 
 

それでもイヤがらないので、ホテルに誘った。
 

 
 

人妻とするのはこのときが初めてだった俺。
 

 
 

 

 
 

緊張してたのかな。

 

旦那しか知らない女だし、可愛くてまじめそうな感じだったから、後悔のないようにしてあげたかったのかな。
 

 
 

 

 
 

ホテルに入って、ベロベロとキスをして、一緒に風呂に入り体を洗いっこし、旦那とのエッチがどんなのかを聞きながら、ベッドでゴムを着けて挿入。
 

 
 

俺との身長差が30cm近くある小さい子だったから、一度根元まで挿入してからは、思いっきり振り回すようなセックスをした。
 

 
 

 

 
 

体も細くって、胸はAカップほどしかない。
 

 
 

体重を後で聞いたら、38kgだと。
 

 
 

 

いはずだ。
 

 
 

脚を抱え上げ、チンコを奥に突き刺すような挿入をガンガンやっていたら、彼女が絶叫しながらイッた。
 

 
 

 

 
 

彼女の体が微かに痙攣している。
 

 
 

それが収まるのを待たずにピストンを開始したら、立て続けに何度もイキまくっていた。
 

 
 

 

 
 

俺も限界が来て、一番奥に突き刺してゴムの中に射精。

 

彼女はぐったりしていたが、膣内の俺のチンコがピクつくたびに、体は反応してた。
 

 
 

 

 
 

こんなにイッてくれるとは思ってなかったし、イカせたこともなかったから、よっぽど相性が良かったんだと思う。
 

 
 

あとで聞いたら、カリが太くて、万遍なく中を擦られるのが最高に気持ち良かったんだと。
 

 
 

 

 
 

俺のチンコのファンになったとか言われたなぁ。
 

 
 

そのときは、それどころじゃなかったけどな。
 

 
 

 

しばらく経っても眠ったようにぐったりしている彼女を、俺はずっとヨシヨシしてた。
 

 
 

とにかく、旦那よりも気持ち良いセックスに、彼女はどっぷりハマってくれた。
 

 
 

 

 
 

別に旦那とも仲が良いから、セックスレスではない。
 

 
 

むしろ毎晩のように旦那はエッチを求めてくるそうだ。
 

 
 

 

 
 

ただ、俺とのエッチ以降は、旦那ではイケなくなったらしい。

 

そういう話を聞くと、すごい優越感に浸れるんだよな。
 

 
 

 

 
 

旦那さんごめんね。
 

 
 

彼女とは、何度も会って、何度もエッチした。
 

 
 

 

 
 

そのうちゴムを着けないのが当たり前になって、安全日には中出しも当たり前になった。
 

 
 

会うのはたいてい昼間で、俺とエッチした晩に旦那ともエッチするそうだ。
 

 
 

 

出しは一番奥の子宮口の中にするから、夜に旦那とエッチしている最中に、俺の出した精液が垂れてくることもあったそうだ。
 

 
 

旦那はそれを見て、すごい濡れてると勘違いし、マンコをベロベロと舐めたんだと。
 

 
 

 

 
 

その話にはめちゃくちゃ興奮したなぁ。
 

 
 

気持ち良いエッチの相手には情が移るようで、彼女は次第に俺のことを

「好き」

だとか、

「愛してる」
だとか言うようになった。
 

 
 

 

 
 

そのうち毎回のエッチが中出しOKになり、彼女は

「俺の子供が欲しい」
とまで言うようになった。

 

女ってコワイと思った。
 

 
 

 

 
 

この子、見た目はすごくまじめそうで、そんなこと口走るようなキャラじゃなかったからね。
 

 
 

旦那さんは、こんなことになってるなんて夢にも思ってないだろうと思う、絶対。
 

 
 

 

 
 

彼女とは今も続いていて、もう4年の付き合いになる。
 

 
 

最近は、

「子供が欲しい」
とか言うこともなく落ち着いているが、生でしかエッチはしないから、いつデキてもおかしくないと思う。
 

 
 

 

俺としては、タダマン出来る女のひとりなんだが、彼女は俺のことを恋人だと思っているようだ。
 

 
 

出会い系サイトをやめてなかったことがバレて、泣かれたことがある。
 

 
 

 

 
 

以来、コソコソと他のセフレを探してはエッチしている。
 

 
 

良い子なんだけど、ずっと同じ女だと飽きてくるんだよな。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑