プロ野球選手のたくましいチンポに鬼イキw┃若熟女な友達と揃ってハメられちゃった乱交チックなカラオケセックス!

カテゴリー 熟女の体験談タグ

三十路の甘熟女が告白するプロ野球の2軍選手との乱交チックなカラオケセックスです・・・

 

そう、あれは、暖かな日差しを鮮明に覚えてい2月のある日のことでした。
 

 
 

 

そう、友達の美沙さんに誘われて、プロ野球の某チームの春キャンプを見物に行ったんです。
 

私と彼女と、それぞれの旦那と、美沙さんの長男(2歳)の全部で5人。
 

 
 

 

もともとご近所さんで、旦那同士がその球団の熱狂的ファン仲間。

 

 

美沙さんも熱烈なファンで、よく旦那2人でとか夫婦子連れの5人で試合を観に行ってたんです。
 

 
 

 

もともと私はあまり野球に興味がなく、人気選手だけ分かる程度でしたが、3人の影響でその球団のレギュラー選手は顔と名前が一致するように。
 

前から旦那同士

「今年は絶対、キャンプ行こうな」
と約束してたらしく、休みまで取って繰り出しました。
 

 
 

 

プロ野球のキャンプって、もっと鬼気迫るというか体育会の合宿みたいなのを想像してたんですが、結構のんびりしてました。

 

もちろん、走ったり投げたり大変そうだけど。
 

 
 

 

旦那たちは選手一覧を片手に、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。
 

美沙さんはミーハー系なので、金網越しに打撃練習を見物しながら

「○○さぁ~ん!」
なんて歓声を上げてます。
 

 
 

 

私はもっぱら坊やの子守をしながら、知ってる選手はいないかなぁ…なんてキョロキョロしてました。
 

練習が終わると、引き揚げる選手にファンが群がって、サインを貰ったり写真を撮ったり。
 

 
 

 

 

中には無視して行っちゃう人もいたけど、たいていの選手は笑顔で応じてくれましたね。
 

私と美沙さんも何人かのサインを貰って、記念撮影してもらいました。
 

 
 

 

夕食を済ませてホテルに引き揚げた後、隣の部屋にいた美沙さんから

「これから女2人で飲みに行かない?」
と電話が来ました。
 

男2人が部屋でビールを飲みながら野球談義に花を咲かすそうなので、子供を預けて出掛けようと言うんです。
 

 
 

 

酔っ払いに子供を任せて大丈夫かな…と思いましたが、うちの旦那は深酒するタイプでもないし、私も日中は退屈だったんで、付き合うことにしました。

 

8時過ぎだったかな。
 

 
 

 

ホテル周辺の飲み屋街は結構にぎわってました。
 

地理に不案内な私が美沙さんに着いて行くと、地元最大手ホテルの方へ。
 

 
 

 

「?」
と思ってたら、ホテルの裏手に大柄な男性2人が待ってました。
 

1人は昼間、一緒に写真を撮ってもらったA選手…その球団のレギュラー野手で、私も知ってる有名選手です。
 

 
 

 

もう1人は知らない人でしたが、新人のB選手だということです。
 

最初は事情が理解できなかったんですが、あとで聞いたら美沙さん、写真撮影の時にメアドを書いた紙を渡してたんですって。
 

 
 

 

大胆な!そしたら夕食後に

「さっき一緒だった人(←私のこと)も誘って、お酒でもどうですか?」
とメールが来たそうです。
 

ファンを誘うのかよ…という気もしたけど、気持ちは分かるというか…。
 

 
 

 

美沙さんて私より1コ上の32歳なんだけど、モデル体型の美人さん。

 

キャンプでもテレビにインタビューされるほど(放映されなかったけど)華やかな雰囲気の人です。
 

 
 

 

人気選手と飲みに行くなんて初めてでしたから、私も喜んでご一緒しました。
 

4人で小ぢんまりしたバーで飲んで、それからカラオケへ。
 

 
 

 

どっちの店もA君の行きつけみたいです。
 

よく考えたらB君は高卒新人だから、この時点でまだ高校生なんですよね。
 

 
 

 

結構立派な飲みっぷりでしたけど。
 

A君は大卒5年目くらいだったかな。
 

 
 

 

B君は高校の後輩で、何を言われても

「ハイッ!」
って感じでした。
 

やっぱり体育会系ですね。
 

 
 

 

B君は緊張気味でしたが、A君は遊び慣れてる感じでカラオケも上手。

 

ュエットで盛り上がって、私も美沙さんも相当飲んじゃいました。
 

 
 

 

「Cさん(←誰でも知ってる有名選手)てさ、こないだヤクザと付き合ってるのが球団にバレて、大変だったんだぜ」

「Dさん(←コーチ、私は知らない)、ああ見えてホモなんだよ。奥さんも知ってて結婚したんだよな」
本当かどうか知らないけど、すごそうな暴露話もしてくれました。
 

 
 

 

私はいまいちピンと来なかったけど。
 

飲み始めてすぐ、選手2人に促されて、私と美沙さんがそれぞれの旦那に

「2人で飲んでるけど、結構遅くなるかも」
とメール。
 

 
 

 

うちの旦那は

「こっちも大盛り上がり。遅いと先に寝るからな」
と返してきましたが、美沙さんの旦那はもう出来上がってたのか、返信はなかったみたいです。
 

 
 

 

1時間ほど歌ったかな。
 

何となくしっとりした雰囲気になったところで、気が付くとA君は美沙さんの肩を抱くような姿勢。
 

 
 

 

私も雰囲気に流されて、B君に腕を絡ませながら、もたれかかっちゃいました。

 

そうこうするうちに、A君が唐突に美沙さんに話し掛けました。
 

 
 

 

「目の下の照り返し防止シールってさ、張ると下が見えなくなるんだよ」

 

「えぇ、うそでしょ?」
と応じる美沙さんにA君は

「マジだって。

こんな感じにさ…」
と、手のひらで美沙さんに目隠しすると、そのまま唇にチュッ。
 

 
 

 

「もう、やだぁ~」
笑う美沙さんの顔を両手で支えて、A君は笑顔で

「唇の感触、結構良いよね」
と言うと、今度はゆっくりと唇を重ねました。

 

最初、ちょっと抵抗する素振りを見せてた美沙さんですが、すぐに応じてA君に身を委ねました。
 

 
 

 

かなり濃厚なキスで舌も絡ませてるみたいでした。
 

私は

「もう、美沙さんったら」
なんて言いながら、2人から視線が離せなくなって、隣にいるB君の手を思わず握っちゃいました。
 

 
 

 

華奢な体を抱き締めたまま、A君は片方の手で美沙さんの胸をゆっくり揉み始めました。
 

もう一方の手は背中を下がって、ソファに腰掛けた彼女のお尻を撫でてます。
 

 
 

 

沙さんは白いブラウスにジーンズ。
 

私は薄手のトレーナーにデニムのスカートでした。
 

 
 

 

いきなり始まったラブシーンに、私の心臓はドキドキ。
 

B君も呼吸を荒くして、手を私の太股に滑らせてきました。
 

 
 

 

私のスカートは膝まででしたが、パンストは履いてません。

 

知らず知らずのうちに、生足を撫で回す彼の手に自分の手を重ねてました。
 

 
 

 

「由紀さん(←私のことです)て胸…大きいッスよね」
かすれ声を絞り出しながら、B君がゴツい手を私の胸に伸ばしてきました。
 

ちなみに私、美沙さんより小柄だけど胸はEあります。
 

 
 

 

隣のソファーでは、A君が濃厚な口づけを交わしながら美沙さんのブラウスのボタンを外していきました。
 

美沙さんは抵抗するどころか、自分から積極的に唇を重ねたままA君の股間のあたりを撫でています。
 

 
 

 

ちなみにA君は短パンにアロハの風シャツ、B君は今風のジャージでした。
 

ブラウスの前を全部はだけ、ついでに美沙さんのジーンズのボタンも外すと、A君は薄い青色のブラジャー越しに胸を揉み始めました。
 

 
 

 

B君も興奮したのか、私の乳房を撫でていた手をトレーナーの中に入れ、ブラの上から膨らみを揉み始めます。
 

私は

「だめよ…」
と言いましたが、雰囲気に飲まれて強く拒むことはできませんでした。
 

 
 

 

A君は慣れた手つきで美沙さんのブラウスを脱がせ、スムーズな動きで背中に手を回してブラのホックを外しました。

 

そのままブラを押し上げ、白い乳房に顔を埋めます。
 

 
 

 

美沙さんはCカップくらいかな。
 

結構良い形でしたけど、乳首の色は濃い目でしたね。
 

 
 

 

それを見たB君も、私にのしかかるような体勢になって、トレーナーを捲り上げると、乳房を荒々しく揉み始めました。
 

それほど女性経験がないのか、フロントホックを外すのに手間取って、じれた私の方が最後は外しちゃいました。
 

 
 

 

ろんと飛び出した乳房は、大きいけど形にはあまり自信がありません。
 

B君は赤ん坊のように乳首に吸い付きながら、スカートの間に手を差し込んできます。
 

 
 

 

太い指先がショーツに触れた時、興奮して思わず体が震えました。
 

美沙さんはというと、ジーンズを半分くらい脱がされたところで、ようやく

「ダメよ…店の人が来たら…」
と押しとどめました。
 

 
 

 

そう、カラオケボックスの店内なんですよね。

 

A君は笑いながら

「大丈夫、店には言ってあるから、誰も来ないよ」

 

 
 

 

今から思えばですが、事前にこうなることを想定して、店の人に話をつけてたようですね。
 

それを聞いて安心したわけじゃないと思うけど、美沙さんは体から力を抜いたみたい。
 

 
 

 

A君がするりとジーンズを脱がせました。
 

ショーツはブラとおそろいの薄い青でした。
 

 
 

 

B君ですが、私のトレーナーを全部に脱がせると、今度はスカートを脱がそうと四苦八苦。
 

やっぱり私が脱いであげて、ブラも自分で外しました。
 

 
 

 

B君はショーツだけになった私をソファーに押し倒して、硬くなった乳首を吸いたててきます。
 

胸に舌を這わせながらショーツ越しに股間を愛撫するんですが、はっきり言ってあまり上手じゃなかったですね。
 

 
 

 

185cmで90kgくらいありそうな巨漢でしたが、幼い感じで…まあ、まだ高校生だから仕方ないかも。

 

そういう私も、興奮して濡れてましたけど。
 

 
 

 

目を上げて美沙さんの方を見ると、あっさりと下着も剥ぎ取られ、

「ああぁ~ん」
なんて声を上げながら愛撫に身を委ねてました。
 

いつの間にかA君は短パンと下着まで脱いでて、下半身は裸です。
 

 
 

 

A君のアレは、結構立派…18cmくらいありましたね。
 

じっくり観察する余裕はなかったけど、美沙さんの喘ぎ方からすれば、かなり女の扱いに慣れてるようです。
 

 
 

 

君の方は、私の胸に顔を埋めながらショーツを脱がし、ゴツい指を陰部に這わせてきました。
 

かなり濡れてたけど、乱暴で少し痛かったかも。
 

 
 

 

私がB君のジャージの前を撫でたら、もうギンギンに大きくしてました。
 

私がジャージの下を降ろしてあげると、焦って転びそうになるし。
 

 
 

 

ゴツい体の割にアレは普通…15cmくらいでしたね。

 

臭いは強烈だったけど。
 

 
 

 

私も興奮したので、臭いは我慢して(笑)硬くて太いのを咥えました。
 

B君は私の頭を押さえ

「おおぉ~由紀さん、最高ッス」
と叫んでましたが、2分ももたなかったんじゃないかな。
 

 
 

 

「うおぉ~」
って野獣みたいな声を漏らすと、口の中で果てました。
 

もう?って感じでしたが、量が凄くて…口から溢れ出しちゃいました。
 

 
 

 

でも若いって凄い…というと陳腐になるけど、すぐに回復して…ていうか、ずっと硬いままなんですよね。
 

B君はアレを口から引き抜くと、そのまま

「うおぉ」
って感じで私にのしかかって、硬いのをアソコに突きたてようとしました。
 

 
 

 

とっさに

「ダメッ!ちゃんと着けて」
と叫ぶと、B君は我に返って、持ってきた小さなバッグに手を突っ込んだんですが、勢い余って中からスキンが1ダースくらいバラバラと。
 

もう、何回やる気だったのよ…なんて思っちゃいました。
 

 
 

 

まあ、初々しくてかわいかったけど。

 

B君にスキンを着けてあげながら隣のソファーを見ると、横向けに寝かせた美沙さんの片脚を持ち上げるようにして、A君が挿入するところでした。
 

 
 

 

A君が腰を押し込んだ腰をリズミカルに動かすと、美沙さんが切ない声を上げて悶えます。
 

思わず見とれてたら、B君が再び私に覆いかぶさって前戯もなくズブリ。
 

 
 

 

かなり濡れてたんだけど、アレがメリメリと埋め込まれる感じで、ちょっと痛かったです。
 

B君はお構いなしに、盛りのついた犬みたいに腰を激しく振り立てました。
 

 
 

 

度は5分くらいもったかな。
 

「うおっ」
という声を上げて放出。
 

 
 

 

ところが、まだアレは硬いままで、スキンも取り替えずに、すごい勢いで前後運動を再開するんです。
 

巨体の向こう側からは、

「イクぅ、イッちゃう~」
という美沙さんの声が聞こえてきます。
 

 
 

 

B君はとり憑かれたようにアレを出し入れした挙句、私の中で2回目の絶頂を迎えました。

 

テクは全然だったけど、何ていうか体力と勢いに押し切られるように、最後は私もイカされちゃいました。
 

 
 

 

一休みしてからパートナーを交換。
 

今度はA君が私を背後から抱きかかえるような体勢でソファーに座ると、指先で両乳首を転がしながら肩越しに唇を重ねてきました。
 

 
 

 

考えてみればB君って、エッチの前にキスもしてくれなかったんですよね。
 

A君の指は、強すぎず弱すぎず微妙なタッチです。
 

 
 

 

乳首の先を爪で引っ掛かれるように刺激されると、それだけでアソコからお汁が溢れてきました。
 

A君は片手で乳首をいじりながら、もう片手を私の濡れた下腹部へ。
 

 
 

 

陰毛を掻き分けてクリちゃんを露出させると、指先で優しく揉むんです。
 

やっぱり遊び慣れしてるのか、A君の抱き方は全然違いました。
 

 
 

 

私をそっと横たえると全身くまなく愛撫して、感じるスポット…私はわき腹の後ろ側が弱いんですけど、的確に攻めてきます。

 

膣に入れた2本指をかき回しながら親指でクリを揉んだり、わき腹を微妙なタッチで撫でながらクリに舌を這わせたり…。
 

 
 

 

とにかく上手で、指と口だけで何回もイカされました。
 

A君は朦朧とした私の脚の間に体を滑り込ませると、ゆっくりと少しずつ挿入してきました。
 

 
 

 

太いアレを根元まで埋め込むと、私を優しく抱き寄せて、耳元でそっと

「美沙さんより、君の方がずっと素敵な体だね」

 

あまり気持ちよくて、その言葉だけでまたイッちゃいました。
 

 
 

 

調なB君と違って、A君のセックスは巧みというか…。
 

同じ腰を動かすにしても、強弱をつけて円を描くようにしたり、奥深く挿し込んだまま抱き締めて私の耳を甘噛みしたり。
 

 
 

 

あとで聞いたら私、恥ずかしくも

「出して!中で出してぇ~」
と叫んでたそうです。
 

もちろんスキンは着けてましたけど。
 

 
 

 

私がA君に貫かれてる隣では、四つんばいになった美沙さんのお尻を後ろから抱えるようにして、B君が一心に腰を振り立ててました。

 

A君とのセックスで感度が良くなったのか、美沙さんは荒々しいB君の前後運動にも恍惚の表情で喘ぎ声を上げてました。
 

 
 

 

私はといえば、A君に挿入されたまま10回はイッたかも…。
 

最後は気が遠くなって、美沙さんに声を掛けられてようやく気がつく始末。
 

 
 

 

セックスで失神するなんて、旦那とはもちろん、生まれて初めてでした。
 

私も美沙さんも、かなり大きな声を上げていたはず。
 

 
 

 

部屋の外にまで漏れてたかも…と考えたら、帰るとき恥ずかしくて店員さんの顔を見られませんでした。
 

結局、ホテルに戻ったのは思いっきり午前様。
 

 
 

 

美沙さんの話だと、B君は彼女とも前と後ろから計3回もしたんですって。
 

3回目はB君の方が止まらなくなって、スキンも着けずに挿入すると、中で射精しちゃったそうです。
 

 
 

 

妊娠はしてなかったから良かったけど。

 

部屋に戻ると、旦那は完全に酔っ払って高いびき。
 

 
 

 

翌朝は普通に

「よぉ、いつ帰ったんだっけ?」
でした。
 

その日も帰る前、キャンプを見物に行ったんですけど、A君もB君も普通に練習してました。
 

 
 

 

旦那によると選手はキャンプ中、毎朝全員で散歩するそうです。
 

前夜、あれだけ激しいセックスをしたのに、プロの選手ってやっぱり普通の人と体のつくりが違うんですね。
 

 
 

 

は私の住む街、同じリーグで別の球団の本拠地があって、シーズン中はA君のチームも月1回くらい(?)遠征に来るんです。
 

そのたびA君が美沙さんに

「会わない?」
と連絡してきて、私も彼女を通じて何度も誘われました。
 

 
 

 

A君が

「由紀さんも一緒に」
と言ってくるそうなんだけど、さすがに地元はマズいかなと…。
 

それでも2回だけ付き合いましたけど。
 

 
 

 

1回はA君と私と美沙さんの3P。

 

もう1回は別の若い選手(名前は知ってたけど、顔と一致しない人)を交えた4人でした。
 

 
 

 

B君は2軍暮らしなので、あれからは会いませんでしたね。
 

宿舎のホテルには入れないから、昼間、近くで待ち合わせてタクシーでラブホへ行ってました。
 

 
 

 

でも、昼間にさんざんセックスしたのに、その日のナイターで普通にプレーしてて、やっぱり凄いなと思いました。
 

美沙さんは呼ばれるたび、毎回出掛けていたようですね。
 

 
 

 

私が断った時は1人で行ったり、別の奥さんを連れて行ったり。
 

A君て

「友達を連れて来るなら人妻さんで」
とお願いしてたそうだから、そういう趣味なんでしょう。
 

 
 

 

もちろん開幕後、旦那と2人とか美沙さん夫妻と子供の5人で、何度も球場へ応援に行きましたよ。
 

旦那は2人ともA君がお気に入りみたい。
 

 
 

 

スタンドでメガホンを鳴らしながら

「かっとばせ~、A~っ!」
とか叫んでる旦那を見ると、悪いな~というか、気の毒に思っちゃいます。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑