若熟女なキャリアウーマンが本社の若手ホープとW不倫セックス@本社男と支社女に不倫はつきものw

甘キャリアウーマンな三十路熟女が語る本社の若手ホープとのお仕事不倫セックスですw

 

ちなみに、の勤めている会社では本社勤務、支社勤務がありますが、女性軽視という風潮とかもあって残念ながら私はこのかたずっと支社勤務が続いています。
 

ですが、本社とは毎日のように連絡を取り合い、仕事のスケジュール等綿密に話し合います。
 

 
 

 

普段は電話やパソコンでの連絡ですが、1ヶ月に一度それぞれの幹部が集まり会議&夜は接待という名の飲み会があります。
 

本社には若手幹部でホープの柴田さん(仮名)という方がおり、主に本社との連絡は柴田さんと取り合います。
 

 
 

 

私は支社の幹部の秘書で、会議や飲み会に同行し、会場や宿泊ホテルなどは私が手配をするという形です。

 

 

 
 

本社や支社の幹部はお偉いさんなので、いつも気を使いクタクタになりますが、柴田さんとは年も近いということもあり気さくに話せる関係でした。
 

 
 

 

先月の会議の日、忘れられない出来事がありました。
 

けれど誰にも言えないのでここに書きたいと思います。
 

 
 

 

ちなみに私も柴田さんも既婚です。
 

会議のあといつもの通り飲み会へと向かいました。
 

 
 

 

接待で座るとき、お偉いさんと私の間にはいつも柴田さんが入ってくれます。
 

私も柴田さんも一番若手なのでお酒をつんだりあいたお皿を片付けたりと忙しくしていました。
 

 
 

 

気がつくと、みんなもう酔っぱらっていてようやく私と柴田さんもゆっくりできるようになりました。
 

しばらく飲んでいると、柴田さんの足が私の足にくっついてきました。
 

 
 

 

気のせいかと思っていましたが、携帯を見ると柴田さんからメールが入っていました。

 

 

 
 

「このあと二人で飲み直しませんか?」
返事はもちろんOK。
 

 
 

 

お偉いさん抜きで柴田さんと二人だと気兼ねがないし、深く考えずにOKしました。
 

そのあと酔っぱらってしまったお偉いさん達をホテルまで送り、柴田さんと待ち合わせをしました。
 

 
 

 

するとまた携帯にメールが。
 

「***号室まで来てくれますか?」
あら、部屋で飲むの?とビックリしましたが、外で飲んで誰かに見られてもいけないし、お互い既婚だから二人きりでも変なことにはならないだろうと思い部屋へと向かいました。
 

 
 

 

屋に入り、ルームサービスでお酒やつまみを頼み、仕事の愚痴や笑い話などをして楽しくすごしました。
 

さすがに酔いがまわってきて、明日も会議の続きがあるのでもうそろそろ帰ろうかと思っていたら、急に眠気が襲ってきました。
 

 
 

 

自分では気づかないうちにウトウトしてしまいベッドに座ったまま少し眠ってしまいました。
 

ハッと気がつくと、柴田さんがすぐ隣に座っていました。
 

 
 

 

顔をあげた瞬間肩に手を回されグッと抱き締められました。

 

そして唇にキスされました。
 

 
 

 

ビックリしましたが酔いのせいもあり、抵抗しませんでした。
 

めっちゃいいにおいする…といいながら首筋を舐められました。
 

 
 

 

舐められた瞬間、気持ちよくて

「あっ…」
と声を出してしまいました。
 

その声でスイッチが入ったかのようにベッドに押し倒されました。
 

 
 

 

舌を絡める激しいキスをされながら、服の上からおっぱいを揉まれました。
 

もうその時点で私の理性もふっとび、私のあそこは濡れていました。
 

 
 

 

服は捲し上げられ、ブラもずらして乳首を触られ気持ちよさは半端ありません。
 

「乳首たってるね、気持ちいい?」
柴田さんはそう言いながら乳首をつまんだりなで回します。
 

 
 

 

そのとき、乳首をペロッと舐められました。

 

「ああんっっ」
自分でもビックリするぐらい大きな声が出ました。
 

 
 

 

でも隣の部屋にはお偉いさんの部屋が…ビジネスホテルなので声が聞こえてしまうのではと急に冷静に考える自分もいました。
 

でも気持ちよさには勝てるはずもなく、懸命に声を押さえていました。
 

 
 

 

だんだん柴田さんの指が胸からおなかにおりてきて、私のあそこをさわり始めました。
 

太ももの内側をやさしく撫でてきます。
 

 
 

 

かなか、一番感じる突起部分には触れてきません。
 

もう私のあそこは濡れまくりです。
 

 
 

 

足を少し動かしただけで、クチュっと音がなります。
 

そのとき、尿意をもよおしてしまいました。
 

 
 

 

「ちょっと、お手洗いに行きたいんだけど…」
そう言うと一旦中断しお手洗いに行かせてくれました。

 

お手洗いに行き用を足そうとパンツをおろした瞬間、ガチャっとドアが開き柴田さんが入ってきました。
 

 
 

 

どうやら私カギを閉め忘れたみたいです。
 

「おしっこするとこ見せて」
と柴田さんが言い出しました。
 

 
 

 

さすがにそれは恥ずかしいと断りましたが、いきなり私を風呂場へと引っ張り、浴槽の淵に座らせました。
 

そして後ろから足をグッと引っ張りあげ、いわゆるM字開脚の状態にしました。
 

 
 

 

もう私のあそこは丸見えです。
 

その状態のままクリクリと突起物を触られました。
 

 
 

 

「やあぁん」
ビリビリと快感が走りました。
 

「麻紀ちゃんはエッチだね…感じちゃった?エッチな姿もっと見せて」
そう言われ、突起物を激しく撫でてきます。
 

 
 

 

もうダメ…そう思った瞬間、シャアァァァ~っとおしっこが出てしまいました。

 

おしっこが出終わり、

「キレイにしてあげるね」
と言われ、今度は前にまわり私のおまんこの前に座りました。
 

 
 

 

ビラビラを指で広げ、私のおまんこをじっと見ています。
 

もう見られているだけでジュワ~っと愛液が溢れてきます。
 

 
 

 

舌を固く尖らせ、突起物を舐められました。
 

「あっ、気持ちいい…ああん」
もう、声がおさえられないくらい気持ちいい…おまんこの穴からおしりの穴まで、丁寧に舐められました。
 

 
 

 

まんこの穴がヒクヒクしてるよ、かわいい」
そう言いながら舌を穴から出し入れします。
 

「どうしてほしい?」
と聞かれ、

「もっと気持ちよくして…」
ってお願いしちゃいました!自分ってこんなにエッチだったかなぁと思いながら快感におぼれていました。
 

 
 

 

お返しに、フェラしてあげようかと思い手を伸ばしたら柴田さんのあそこは固く大きくなっていました。
 

口に含むと、柴田さんの先っぽからは汁がたくさん出ていました。
 

 
 

 

「うっ…」
柴田さんは顔をしかめていました。

 

おしりの穴を指の先で刺激したら、あっという間に私の口の中に射精しました。
 

 
 

 

「ごめん、あんまり気持ちよくて…麻紀ちゃんのイク顔も見せて」
と言われ、今度はおまんこに石鹸を泡立ててきました。
 

そして柴田さんの太ももの上に座らされました。
 

 
 

 

そのまま太ももでおまんこを擦られました。
 

「やあぁぁぁん」
ヌルヌルしていて、挿入していないのにすごく気持ちいい…おまんこを擦られながら乳首を舐めてきます。
 

 
 

 

もう気持ちよくっておかしくなりそうでした。
 

でも酔いが強いせいもあり、感じやすい割にはイク気配はありませんでした。
 

 
 

 

次にベッドに移動し、おまんこに指を入れられました。
 

もうグチュグチュに濡れていて、指を出し入れするたびにジュポジュポとすごい音が…この音隣に聞こえないよね~と、聞こえるはずないのに心配していた私(笑)それくらいすごい音でした。
 

 
 

 

初めておしりの穴に指を入れられ、あまりの気持ちよさに失神しかけました。

 

「いつも奥さんとこんなエッチしてるの?」
と聞くと、

「まさか、いつもは違うよ。

麻紀ちゃんだから。ずっとエッチな事したいって思ってたんだ」
と言われ、その瞬間イッてしまいました。
 

 
 

 

いつエッチな事になってもいいように、会議で会うときは柴田さんはゴムを持ち歩いていたそうです(笑)仕事も抜かりないけど、こういうことも抜かりないのねと思っていました。
 

「入れたい…いい?」
と聞かれ、頷きました。
 

 
 

 

段は真面目に仕事をしてる人とこんなエッチな事してるんだ…そう考えるだけでまたジュワっと濡れてきます。
 

「麻紀ちゃんのおまんこ濡れすぎて光ってる~」
そう言いながら正状位で柴田さんのあそこを私のおまんこにスリスリこすってきました。
 

 
 

 

ヌチャヌチャ音がして、クリにも当たってすごく気持ちいい…ズブブっと柴田さんのモノが私のおまんこへ入ってきました。
 

その瞬間ものすごい快感が突き抜け、

「あああんっ」
とすごく大きな声を出してしまいました。
 

 
 

 

優しく穴の中を混ぜるように動かされます。

 

同時に耳を舐められ、片方の手でおっぱいをなで回されました。
 

 
 

 

もう気持ちよすぎて泣いていました(笑)

「あんっあんっ」
と声が出てしまいます。
 

「麻紀ちゃん、かわいい。仕事中の麻紀ちゃんもエッチな麻紀ちゃんも大好きだよ。俺だけのものにしたい」
って言われてもうキュンキュンしちゃいました。
 

 
 

 

体を起こされ、バックからつかれました。
 

奥まで入りました。
 

 
 

 

顔が見えなくてさびしいなぁと思ってたら、抱き締めたままイキたいと言われたのでまた正状位に。
 

クリをこすられ、

「あっイキそう…イッちゃう~!あああっ」
頭が真っ白になり、気持ちよさが全身にまわってイッてしまいました。
 

 
 

 

ハァハァしていると、柴田さんが私をギュッと抱き締めて

「すげぇ…麻紀ちゃんのおまんこしまりすぎだよ」
そう言ってものすごい速さで腰を振ってきました。

 

イッた直後で敏感になってる私のおまんこは感じまくっちゃって大変でした。
 

 
 

 

「あ~ヤバイ、もう俺もイキそう…」
その時の柴田さんの顔は超セクシーでした(照)柴田さんがイクのに合わせて私もまたイッてしまいました。
 

柴田さんのモノがビクッビクッて動いていました。
 

 
 

 

そのあとは柴田さんの腕枕で少し眠って私は帰りました。
 

翌日、会議の続きがありました。
 

 
 

 

ちろん私も柴田さんもいつも通り真面目に振る舞いました。
 

会議のとき、お茶をお出ししながら柴田さんのことを考えるとおまんこがジュワ~っと濡れるのがわかりました。
 

 
 

 

会議も無事終わり、本社の方々を空港までお見送りします。
 

出発までまだ1時間以上あったので、それぞれ時間まで空港近辺で自由行動になりました。
 

 
 

 

私はいつもならすぐに会社へと戻るのですが、この日は違いました。

 

柴田さんからのお誘いです。
 

 
 

 

また1ヶ月近く会えないので、二人で時間をつぶすことにしました。
 

駐車場にとめてあった車の中で二人でいました。
 

 
 

 

もちろん、話題は昨日の話です(笑)

「会議中やばかった~俺勃っちゃってたよ~」
冗談ぽく笑う柴田さんがかわいいと思いました。
 

しばらく会えないから、写メを撮りたいと言うのでOKしました。
 

 
 

 

最初は二人でツーショット撮ったりイチャイチャしてたのですが、段々エスカレートして私の胸をとりはじめました。
 

ブラをずらして乳首を撮ったり…

「も~悪用しないでよ?」
なんて言いながら私ももうノリノリでした。
 

 
 

 

そうしてるうちに、また濡れてきました。
 

柴田さんが私のパンツをずらした瞬間、おまんこから糸をひきました。
 

 
 

 

「うわぁ~濡れてるよ!ホントにエッチだな」
そう言いながらキスされました。

 

キスされて嬉しくて柴田さんの首に手を回して、激しくたくさんキスしました。
 

 
 

 

どっちの唾液かわからないくらい舌を絡めて、まさにむさぼりつくという感じです。
 

もう我慢できなくなって、

「柴田さんのを舐めたいの…」
って言っちゃいました。
 

 
 

 

我ながら大胆…。
 

「麻紀ちゃんはすっかりエッチになっちゃったな~。俺のせいかな」
そう笑いながら、柴田さんはスーツのズボンを下げてくれました。
 

 
 

 

田さんのもビンビンになっていました。
 

たまちゃんを揉みながら、裏筋をツーッと舐めました。
 

 
 

 

かなりじらしました。
 

カリを舐めた瞬間、柴田さんはビクッとなってて、すごくかわいいと思いました。
 

 
 

 

柴田さんも私のブラを外して、乳首をさわってきます。

 

「んんっ」
柴田さんのをくわえながら声が出ちゃいます。
 

 
 

 

「麻紀ちゃんのおまんこ見せて。」
そう言われてストッキングを脱がせて、パンツを足首まで下げられました。
 

 
 

 

車はワゴン車なので、充分広さがあります。
 

私は後部座席に横になりました。
 

 
 

 

おまんこを全開広げて柴田さんの顔の前に…

「麻紀ちゃんのおまんこかわいい。ピンク色だ。いいにおいがする」
そう言いながらビラビラの裏を舐め回します。
 

 
 

 

「やっ…ああん」
すごく気持ちいい。
 

でも突起を舐めてほしくてクネクネ腰を浮かせて自らおまんこをおしつけちゃいました。
 

 
 

 

「どこ舐めてほしいの?言わなきゃわからないよ」
意地悪に笑いながら柴田さんが言ってきました。
 

「クリちゃん舐めてほしいの」
素直に言っちゃう私(笑)エッチな私を柴田さんは受けてめてくれる…そう思うとどんどん大胆になります。
 

 
 

 

クリちゃんを舐められ、体中に快感が走りました。
 

同時に指でおまんこをかき回され、イッちゃいました。
 

 
 

 

こんなに早くイッたのは初めてで、自分でもビックリしました。

 

持ちよくしてくれたかわりに、今度は柴田さんに聞いてみました。
 

 
 

 

「なにしてほしい?」
と聞いたら、

「オナニーしてるとこが見たい」
って…。
 

でも柴田さんが喜ぶならと思って、自分でおっぱいを揉みながらクリちゃんをさわりました。
 

 
 

 

柴田さんに見えるように足を大きく広げて見せました。
 

「かわいい…エッチだね」
そう言いながら柴田さんはカバンからなんとバイブを出してきました(笑)もちろん未使用だそうです。
 

 
 

 

それを濡れてる私のおまんこに入れるよう指示してきました。
 

私もいつもオナニーは指だけだったので、バイブは初めてで大興奮!バイブの先っぽがウネウネといやらしい動きをします。
 

 
 

 

恐る恐るバイブをおまんこへ入れました。
 

スイッチを入れると今までにない動きで、すごく気持ちいい…

「あっあんっあああっ」
感じまくる私を見て、柴田さんがクリちゃんを舐めてきました。
 

 
 

 

「あああんっっ」
またまたイッてしまいました。

 

バイブを抜き、べちょべちょな私のおまんこをめがけて柴田さんがいきなり挿入してきました。
 

 
 

 

やっぱりバイブよりも柴田さんのが気持ちいい…そう思って思い切り柴田さんにしがみつきました。
 

体勢をかえて騎乗位でしました。
 

 
 

 

足を広げると動きやすいので広げて動いてたら、

「やらしーわ。おまんこ丸見えだよ」
って言いながら柴田さんがおっぱいを揉んできます。
 

 
 

 

次は座位になり、柴田さんといっぱいキスをしました。
 

やっぱりイク時は正状位でって事で抱き締め合いました。
 

 
 

 

深く柴田さんと繋がって快感がやばかったです。
 

もうしばらく会えないんだというさびしさもあり、柴田さんに抱きつきながら

「柴田さん好き…もうめちゃくちゃにして」
って言っちゃいました。
 

 
 

 

「俺も大好き。ずっとこうしてたい」
って言いながらベロチューして腰をガンガン振ってきました。
 

 
 

 

きに合わせて

「あっあっ」
と声が出ます。
 

もう車の窓ガラスは私たちの熱気でくもっていました。
 

 
 

 

私はまた快感の波がきて

「イクっ…イッちゃう…あぁっ」
て3回もイッちゃいました!今回は柴田さんを感じたくて、

「中に出して!」
って言って中に出してもらいました。
 

ピルを服用してたので。
 

 
 

 

抜いた瞬間穴からトロっと精子があふれてきて柴田さんがティッシュで優しく拭いてくれました。

 

その後も抱き合いながらたくさんキスをしました。
 

 
 

 

服を着て、柴田さんは帰っていきました。
 

以上が先月体験したお話です。
 

 
 

 

長々と失礼しました。
 

もう書いてる最中も濡れちゃって大変でした。
 

 
 

 

今月また会議があるので、何かあればまた書きたいと思います。
 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑