免停で通勤に困っていたところ同僚の年下男子がすり寄ってきたのでお礼しちゃった件w

カテゴリー 熟女の体験談タグ

熟年世代のBBAが体験談をかたります。

 

 
 

そう、私は、40代の久美子(仮名)と言います。
 

 
 

 

あれは、金融関係で働いていたときのこと。
 

 
 

ブリーな景気が良い時代で、結構ブイブイいわせてましたし、年上のDCブランドに身を固めた上司と、いわゆる不倫もしてました。
 

 
 

 

その夜も単身赴任の上司との情事を終え、マンションからの途中でした。
 

夜も遅かったので飛ばしていたその時、ピカっとオレンジ色の光が目の前に。
 

 
 

 

 
 

 

 
 

う時すでに遅く、数日後警察から呼び出しの通知がきました。
 

無人取締機に捕まっちゃいました。
 

 
 

 

その夜は上司と久しぶりだったんで、異常に逝きまくったんです。
 

 

のままハイテンションで帰ったんだ。
 

 
 

 

女で40キロオーバーなんで、警察で酒とか薬物とかどこ行ってたんだとか勘ぐられたけど、素直に受け答えしてました。
 

しかし、刑は刑。
 

 
 

 

 

60日、講習受けて、30日の免停。
 

悪い事は続くもので、上司がスナックのホステスとただならぬ関係が発覚。
 

 
 

 

マンションで鉢合わせ。
 

 

には突っ込まれ、2~3日落ち込んだ。
 

 
 

 

そんな事より、会社まで30日間どうやって行くか!結論はバス。
 

仕方ないかって思ってたら、電話がきた。
 

 
 

 

 

輩社員の秀明くん。
 

「橋本さん、聞きました。ついてなかったッスね。ところで、会社どうやって行くんですか?オレ送り迎えしますよ。だって、通り道だし憧れの橋本さんと会社行けるなんて、オレ、感激だなー」
秀明くんは、隣の地域で、ウチの前を通って通勤してるらしい。
 

 
 

 

 

学が一緒みたいだけど、重なっていないからその辺はわからない。
 

「ちょっと、凹んでんだからさ~冗談笑えないよ~」

「本気ですよ!」
会社の人は私の今回の事は知ってる。
 

 
 

 

飲み会の時はいつも秀明君と相乗りで帰るから、位置関係も大丈夫。
 

 

瞬あの上司の顔が浮かんだ。
 

 
 

 

「ホントに良いの?助かる~ホントありがと!免停明けたら、いっぱいお礼するよ!」

「べつにお礼なんか・・・じゃ、1回だけ!」

「え、なに、1回?バカ!調子に乗んないの!」
秀明くんは、初日から毎日送り迎えしてくれたけど、いっぱい話した。
 

最近マジで振られたこと。
 

 
 

 

 

ロボクサー目指して、ジムに通っていること。
 

お姉ちゃんの彼氏が嫌いなこと。
 

 
 

 

私のことをずっと憧れてたこと。
 

 

ジ照れた!純で清々しい秀明くんに惹かれ始めていた。
 

 
 

 

でも、汚れちゃった私は、二股かけられてるのわかってて、土曜日に例の上司と会っていた。
 

「おい、久美子。オレが金出すから、須藤の送り迎えやめろ!」
バブル最盛期、お金なんてどうにでもなった。
 

 
 

 

 

日タクシーでなんか行ってたら、それこそ皆に何言われるか!」
とりあえずとお金を渡してきたけど振り払った、と同時に頬に激痛が走った。
 

服を抱え、飛び出した。
 

 
 

 

マンションのロビーにゲスト専用のトイレがあり、服を着て、コンビニの公衆電話から秀明くんにかけた。
 

 

願い、来て」
泣いていたし、色々察したみたいだけど、秀明くんは何にも言わなかった。
 

 
 

 

あたし、何やってんだろう?くだらない思い出を消し去りたかった。
 

「秀明、抱いて!」

「今夜の久美子さんは魔法から覚めたんです。だから、今夜はぐっすり寝て、明日お迎えに上がりますんで、元気に会社行きましょう!」

「・・・うん」
泣いて笑ってクシャクシャの顔。
 

 
 

 

 

本さん。美人台無しっすよ!」

「うるさい!もう!」
秀明くんのホッペにキスした。
 

 
 

 

しかし数日後、事件は起きた。
 

 

司の秀明くんへの嫌がらせとも思える業務命令が始まった。
 

 
 

 

早朝から深夜の仕事。
 

私の送り迎えが出来ないようにしているとしか思えなかった。
 

 
 

 

 

司から秀明くんへの、ダメだしと恫喝。
 

秀明くんはキレた。
 

 
 

 

そして、とうとう殴ってしまいました。
 

 

ぐに懲罰問題になり、秀明くんは自宅待機になりました。
 

 
 

 

その日私は早退して、秀明くんの通うジムへ行くと、案の定彼がいました。
 

「ごめんなさい。あたしのせいだ」

「あいつと、橋本さんのこと知ってた。その前から嫌いだったから、いつかはって思ってたんだ。スッキリした。ふんぎりついたし」

「どういうこと?」

「先週、ライセンス受かって、プロテストの資格取ったんだ。東京行って、ボクシング!」

「あたしは??あたしこのと1人にしないでよ!」
大声を出してしまった。
 

 
 

 

 

ッとした。
 

「ごめん、あんたの夢だもんね。・・・ねえ、海、海行こう。連れてってよ!」

「え!?いいの!?会社は?」

「今日は早退!明日は有給!」

「あいつにまた・・・今度は橋本さんが嫌なことされるよ」

「もう大丈夫。なんかあったら、出るとこ出てやる。あんた見てたら、あたしも決心ついた。あたし、間違ってた」

「オレ、そんな橋本さん大好き!ね、記念に・・・お願いします」
言わんとしていることが解った。
 

 
 

 

 

いよw2人でいっぱい気持ちよくなろ!」
あたし、何言ってんだろう。
 

そういえば、色々あって免停の送り迎えのお礼もちゃんとしてなかったなあ。
 

 
 

 

あと3日で免停が終わる。
 

 

まで約1時間半バブルの頃にあった、田舎町に不似合いなハリボテみたいな高級シティホテル。
 

 
 

 

そこにも、自由の女神とトレビの泉があった。
 

オーシャンビューの1番良い部屋にチェックインした。
 

 
 

 

 

慢出来ないとばかり、秀明くんは私を抱きしめた。
 

私も、私の方から思い切りキスした。
 

 
 

 

服を脱がし合いながら、キスを続けた。
 

 

を絡ませ、唾液がネチャネチャと淫靡な音を立て、私の手は秀明くんの下半身をさすっていた。
 

 
 

 

ベルトを外し、ジッパーを下げ、パンツと一緒にジーパンを下ろし、跪き、秀明くんのアレを咥えた。
 

丁寧に舌を使い、しゃぶりまくり、たまたまを含み、舌先で裏スジから先っぽを舐める。
 

 
 

 

 

まり経験がない。
 

秀明くんは悶絶の表情で感じまくった。
 

 
 

 

爪で乳首を刺激すると、

「アァッ、い、い、イクッ」
逝ってしまいました。
 

 

くてごめんという顔の秀明くん。
 

 
 

 

でも、すぐに回復。
 

私を愛撫し始めたんだけどイマイチ。
 

 
 

 

 

ょっとちょっと、落ちついて、ゆっくり楽しも!3分でゴング鳴らないから!」
秀明くんは安心した表情になった。
 

荒削りだけど、クンニで軽く逝った。
 

 
 

 

「橋本さんの気持ちイイ顔、ステキです」

「ねえ、秀明くん!さっきから苗字のさん付けはやめて!名前で呼んで!」

「久美子さん!」
そう言うと、秀明くんの猛ったアレが私の中に入ってきた。
 

 

のすごく、熱い。
 

 
 

 

溶けそう。
 

「アッ、アアアッンゥアッアッアッア~ハアァァ~ン」
体位が対面座位になり、向かい合わせに悶え合う2人

「ンァアアアア~気持ちイイのオォォォ、もっともっと。

もっとオォォォ」
私の雄叫びの喘ぎ声と激しい秀明くんの息使いが室中に響き渡る。
 

 
 

 

 

ックからまた正常位へ

「イクイクイクッゥゥゥ、イックゥゥゥゥ~」

「オレも、オレもッ、」
秀明くんは、私の中から引き抜き、オッパイに向かって精液を大放出した。
 

起き上がりお掃除フェラ。
 

 
 

 

それから、一晩中SEXした。
 

 

方仮眠して、シャワーして、またした。
 

 
 

 

免停が終わった。
 

秀明くんは事情が変わり、お咎めなし、上司の不正が発覚したのだ。
 

 
 

 

 

も、会社を辞めた。
 

私は知らない内にその不正に加担していたとかで、隣町の関連会社へ転勤になった。
 

 
 

 

秀明くんとは、ちょっとの間遠距離恋愛だったけど、別れた。
 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑