「私を犯してください」、最初は拒んでいたのに夫のSM趣味に付き合うことになった変態的セックス体験談

カテゴリー 人妻の体験談, 熟女の体験談タグ

SM嗜好の旦那から調教されて、犯され好きなM女にされた四十路熟女の告白体験談です。

 

 
 

そう、近、真面目だった夫が変態SMセックスに目覚めてしまったみたいなんです。
 

いつの間に買ったのかファーの付いた手錠を持ち出してきて私にはめようとしてきました。
 

 
 

 

私は変態的なセックスに興味がないので絶対にいやと断り続けていました。
 

 
 

も先日、子供たちが出かけていない昼間に突然手錠をはめてきました。
 

 
 

 

私はめちゃくちゃに抵抗したんですが夫の力にかなうわけもなく、背中でカチリと手錠を両手首にはめられてしまいました。
 

そして服の上からおっぱいを揉まれたり、お尻を撫で回されたりしました。
 

 
 

 

 
 

 

 
 

は私がいやがって暴れると余計に興奮するみたいです。
 

しばらくして夫がスカートの中に手を入れてきて下着を荒々しく脱がして、私のあそこにむしゃぶりついてきました。
 

 
 

 

ちょっと怒っていた私は甘い声がでないように必死に我慢したんですけど、手錠で拘束されてる状況と夫の舌技に負けて結局感じまくってしまいました。
 

 

してついに我慢ができなくなってしまったので早く来てと言ったら、フェラしてくれなきゃ入れてあげないと夫が言い出しました。
 

 
 

 

なにそれと思ったのですが、もう我慢の限界だった私はしぶしぶフェラすることにしました。
 

そのフェラも普通のフェラじゃありませんでした。
 

 
 

 

 

半身を丸出しにしてソファーにふんぞり返って座っている夫の足元にひざまづき背中で手錠をされたままの状態でフェラをさせられました。
 

ギンギンに勃起した夫のおちんちんで頬をはたかれたり、両手が不自由なまま頭を抑えられてのどの奥までくわえさせられた時はものすごい屈辱でした。
 

 
 

 

でもフェラしてる最中も乳首をつままれたり爪先であそこをいたずらされたりしたため、さらにあそこが疼いて早く入れて欲しくてたまらなくなって一心不乱にフェラしてしまいました。
 

 

っぷりと私のフェラを堪能した夫は私の上半身をうつ伏せにソファーに預けさせ、お尻を突き出させる格好をさせました。
 

 
 

 

もちろん手錠をしたままで。
 

昼間の明るい居間でこんな格好をさせられてスカートを捲り上げられた時は消えてしまいたいほど恥ずかしくなりました。
 

 
 

 

 

後からしばらく私のあられもない姿を眺めていた夫も我慢ができなくなり私の腰を掴んできました。
 

しかし、先端を私のあそこに擦りつけるだけですぐに入れてくれませんでした。
 

 
 

 

早く入れてと焦れる私を弄びながら夫は私にさらに屈辱的なことを言うように強要してきました。
 

 

束どおりフェラをしたのにずるいと責める私にいやならいいんだよと余裕の夫が本当に憎たらしく思えました。
 

 
 

 

私はしばらく耐えていたのですが、その間も夫が背後からおっぱいや乳首をいやらしく触ってきたり、あそこにおちんちんを擦りつけてきました。
 

結局我慢ができずに私は屈辱の言葉を口にしました。
 

 
 

 

 

私を犯してください。
しょうがないなあと夫がうれしそうに言いながらおちんちんが唐突に私を貫きました。
 

 
 

 

その瞬間、あまりの気持ちよさに私は軽くいってしまいました。
 

 

かもその後夫に激しく突きまくられて何度もいってしまいました。
 

 
 

 

もうだめ、許して、と夫に何度もお願いしたのですが夫がいくまで体位を変えて突き続けられ、最後はいきっぱなしの状態でした。
 

この1件以来、たまに夫が私を突然襲ってくるようになりました。
 

 
 

 

 

錠のほかにも首輪や手枷、バイブなど道具もいろいろと増えてきて、されることもだんだんエスカレートしてきました。
 

私はいまだに積極的にこういうことがしたいとは思えないため、毎回激しく抵抗するのでまるで夫にレイプされているみたいです。
 

 
 

 

普段の日常生活では私がいつも夫にきついことを言ったりしてしまうことも多いため、たまにこういうことをさせてあげてもいいかなと思わないでもありませんがほどほどにして欲しいです。
 

 

ばらくして、夫にまた無理やり犯されてしまいました。
 

 
 

 

それは残業で深夜に帰宅した日の夜のことでした。
 

寝室で着替えようとしていた私に夫がニヤニヤしながら襲い掛かってきました。
 

 
 

 

 

はベッドに押し倒しされて手枷と足枷をはめられてしまいました。
 

その手枷と足枷はベッドの四隅にロープで繋げてありました。
 

 
 

 

思いっきり抵抗したけど結局帰ってきたままの格好でベッドに大の字の格好で拘束されてしまいました。
 

 

足の拘束をはずそうともがいたのですがだめでした。
 

 
 

 

こんなことしてどうするつもり!と声を荒げるとちょっと試させてもらおうと思ってさと夫は押入れの奥からいろいろ出してきました。
 

なんとなく予想はしていたんですけど思ったとおりエッチなオモチャの数々でした。
 

 
 

 

 

つの間にそんなに買い揃えたのかと呆れてしまうほど。
 

まずはこれからかなと夫はわざと私に見えるところに置いたオモチャの中からピンク色の卵型のものを選びました。
 

 
 

 

ピンクローターでした。
 

 

ういうものがあることは知っていましたけど、もちろん使ったこともないし実物を見るのも初めてでした。
 

 
 

 

身動きのできない体にそんなものを使われることを考えたら嫌悪感や屈辱感が込み上げました。
 

そんなもの使わないで!と怒る私を無視して夫はピンクローターのスイッチを入れて私の体中に這わせてきました。
 

 
 

 

 

の上からだったので少し振動が伝わるぐらいだったのですけど、逆にもどかしさでだんだんエッチな気分になってしまいました。
 

ブーンと音を立てるピンクローターが胸のふくらみに押し当てられるたびに甘い声が出そうになりましたが、意地でも我慢して感じていないふりを続けました。
 

 
 

 

それが夫は気に入らなかったらしく、今度はスカートの中にローターを滑り込ませてきました。
 

 

トッキングに包まれた太ももを徐々にローターが這い回りながらあそこを目指して上がってきました。
 

 
 

 

そんなことされたら我慢できなくなっちゃうと思って私は必死に両足を閉じようとしたのですが足枷で閉じることはできませんでした。
 

ローターをあそこに押し付けられた瞬間予想以上の快感に思わず喘ぎ声を漏らしてしまいました。
 

 
 

 

 

の反応に満足した夫はさらにブラウスのボタンをいくつかはずして襟元から手を入れてきました。
 

指先で乳首を責められながらローターをあそこに押し当てられてしまって快感に耐えられなくなってしまいました。
 

 
 

 

夫の目を喜ばせることになるとはわかっていてもくねくねと体を悶えさせながら喘がずにはいられませんでした。
 

 

しいのですが手足をベッドに拘束されて体を弄ばれるという状況にものすごく興奮してしまいました。
 

 
 

 

(拘束されてるときにあごをつかまれて無理やり貪るようなキスをされるとさらに興奮してしまいます。)その後もピンクローターでさんざん体を弄ばれてしまい、気持ちよすぎてやっぱり我慢ができなくなってしまいました。
 

 
 

 

 

が早く欲しいとお願いしたら、しょうがないなあと足枷を外してくれてスカートと下着が脱がされました。
 

すぐに入れてくれるのかと思っていたら次はバイブレーターを取り出してきました。
 

 
 

 

スイッチを入れられてクネクネと動くバイブレーターがものすごくいやらしいものに思えました。
 

 

すがにバイブは抵抗があったのでそんなのいや!と言ったのですが無理やり入れようとしてきました。
 

 
 

 

私が両足をしっかりと閉じて抵抗すると再び足枷をつけられてまた大の字に固定されてしまいました。
 

そして夫は見るからにいやらしい表情を浮かべながら私の両足の間に座って振動するバイブの先端をあそこに触れさせながら上下になぞってきました。
 

 
 

 

 

分でもわかるぐらい溢れてしまっている淫蜜を塗りつけるようにバイブを押し当てられているうちに欲しくて欲しくてたまらなくなってしまいました。
 

恥をしのんで夫におちんちんを入れてとお願いしてもバイブなら入れてあげるよと意地悪を言われ、バイブの先端が時々入り口に押し当てらたりされると気が変になりそうでした。
 

 
 

 

(夫が言うには、このとき私は手足の拘束をちぎりそうな程引張りながら背中を弓なりに反らせた格好でバイブの刺激を求めて腰を動かしていたそうです・・・。)散々焦らされてバイブでいいから入れてと悔しいけどお願いするとやっとバイブをあそこに入れてもらえました。
 

 
 

 

 

地悪な夫にバイブを入れてほしいだなんてあきは淫乱だなあとからかわれて居たたまれなくさせられました。
 

でもゆっくりとバイブを突き入れられただけでたまらなく感じてしまいました。
 

 
 

 

バイブが動かされるたびにクチュクチュといやらしい音がするのを夫に露骨に指摘されて恥ずかしくてたまりませんでしたけど。
 

 

のことを気遣ってくれたのか夫はバイブをあまり激しく動かしたりしなかったのですが、そのかわりもう少しでいけそうなのにいけない生殺しの状態にされてしまいました。
 

 
 

 

焦らされるようにバイブで弄ばれてもうだめ許してと言ったらと夫も我慢の限界だったみたいでした。
 

手足をベッドに拘束されたままの状態で一気に奥まで貫かれて、バイブのときとは打って変わって荒々しく犯されてしまいました。
 

 
 

 

 

中で手枷と足枷を外してくれたのですが、すぐに両手を背中に回させられて背中で手枷同士が繋ぎなおされてしまいました。
 

なんで?と思ったらうつ伏せにさせられてお尻を高く持ち上げさせられる恥ずかしい格好にさせられてしまいました。
 

 
 

 

普段は私が恥ずかしいから嫌がってバックからさせないものだから、私を抵抗できなくさせた時はこういう格好にさせたがるみたいです。
 

 

をしっかりとつかまれて後ろから打ち付けるような夫の激しい腰使いに何度もいかされてしまいました。
 

 
 

 

両手を拘束されてうつ伏せで後ろから犯されると本当にレイプされてるみたいでした。
 

夫がいった後、やっと手足の拘束を解いてもらってとりあえず夫のほっぺをぎゅーっとつねりながら今度こんなことしたら承知しないからねと怒ったのですが夫は全然反省してない感じでした。
 

 
 

 

 

前だってすごく感じてたじゃないかと言われて返す言葉もなかったので。
 

レイプっぽくされるのが本気で嫌というわけじゃないんですが、体の自由を奪われて夫の好きなように弄ばれるという状態はなんか悔しくてきらいです。
 

 
 

 

でも今回使われなかったおもちゃがまだまだあるのでまたこんなことをされる日が来るわけですけど・・・。
 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑