「甘熟女な嫁」が大学柔道部サークルで肉便器になっていることを発見した件w

四十路の甘熟女の嫁が汗臭い柔道部員の性処理係として、まさに性奴隷になっていた件について語ります。

 

そう、、我が妻は、息子の大学柔道サークルで、犯されセックスに陶酔してるんです。
 

事の発端は、私が息子のパソコンを借りた時に見つけたデータです・・・
 

 
 

 

その日、息子と妻は、息子のサークル(柔道部の試合)に出掛けていて家には誰も居ませんでした。
 

ちょっとだけと思い、たまっている仕事を片付けようと息子の部屋からパソコンを借りて来たんです。
 

 
 

 

パソコンを立ち上げ、ネットを見ている時、サークルと書かれたホルダーがあって気になった私は、悪い事と知りながらホルダーを開けたんです。

 

 

更に中には、抜きネタと言う意味深なフォルダーがあったので、エッチな画像と確信しながらクリックしたんです。
 

 
 

 

中には、画像と映像と書かれたデータが10件位あり、画像をクリックして目を疑いました。
 

甘熟女な嫁が全裸で、見知らぬ男と複数プレイしている所でした。
 

 
 

 

他にも、チンポを咥えている所や妻のDカップのおっぱいでパイズリし射精している所、パックリと口の開いたおまんこから精子があふれてきている所、体中を数人の男に弄られている所など、凄まじい画像でした。

 

加工?そんな事を思いながら、目をやったのが映像だったんです。
 

 
 

 

映像データには、先輩からのデータ、和姦合宿、強制孕ませ妊娠と記載されていたので、日付の古い先輩からのデータをクリックし中を見たんです。
 

映像には、山々に囲まれた場所に広いグランド、体育館が映っていました。
 

 
 

 

ここは…。
 

見た事がある。
 

 
 

 

 

そう、5ヶ月前の夏に行ったサークルの合宿場。
 

息子を始め、20人程のメンバーと一緒にお母さん方数人が映っていたんです。
 

 
 

 

映像は、一気に夜になり夕食後の様でした。
 

コーチ陣と宿泊するお母さん達数人が映っていました。
 

 
 

 

(確かに妻は合宿場に泊まり込みで飯の支度をしていた時です)場所は変わり、息子たちは酒を飲んでいました。

 

と息子を含めた20人のメンバーがテーブルを囲んでいます。
 

 
 

 

一番年上の先輩方3人の間に甘熟女な嫁がはさまれ妻も飲んでいるようです。
 

妻は酒に弱い方で、すでに顔を真っ赤にしています。
 

 
 

 

先輩の一人に連れ出され息子は席を外しました。
 

先輩方の一人が、妻のおっぱいを服の上からタッチし酔いの具合を確認しているようです。
 

 
 

 

酔いの回った甘熟女な嫁は、ヘロヘロになり嫌がるそぶりも見せず手で振りほどいています。
 

その時の先輩の目つきは、これから妻を×××する獲物としています。
 

 
 

 

先輩の一人が妻の唇を奪い、その様子を確認した2人目の先輩が妻の背後に周りおっぱいを揉みだしました。
 

服が異様なしわを作りおっぱいの大きさと柔らかさが伝わってきます。
 

 
 

 

周りの男たちも

「オーッ」
と声を出しながら見入っています。

 

3人目の先輩は、テーブルの下に潜り込みスカートの中へ侵入していきます。
 

 
 

 

パンティの上からおまんこの筋を撫で快楽の入口へと導きます。
 

妻はついに

「あ~っ、ウン」
と声を漏らし体をくねらせています。
 

 
 

 

おっぱいを揉んでいた先輩の手は、一気に服の中に侵入しブラジャーの上からの愛撫になっています。
 

ここまで来るとおっぱいの直揉みに制限がかかることはなく、ブラジャーはあっさりずらされおっぱいと乳首を刺激しています。
 

 
 

 

「ウッン、嫌。あ~、いい」
と甘熟女な嫁は、快楽に引き摺られる様に感じています。
 

 
 

 

上半身の刺激に反応しおまんこも男を受け入れるためのマン汁を吹き出し、スカートの中にいる先輩にパンティ上からもわかる透け透けおまんこで誘惑しています。
 

先輩も我慢できずにパンティをずらし舌と指で愛撫し始めました。
 

 
 

 

このようになると妻の抵抗もなく食卓の上に丸裸にされ転がされました。

 

人の先輩たちは、下半身を露わにすると、物凄い大きなペニスが画面に映り込んでいました。
 

 
 

 

私の物とは比べ物になりません。
 

余りの大きさに妻も目を大きく見開くのがわかりました。
 

 
 

 

そのペニスは、次々に妻の口に吸いこまれ妻の口でフェラチオを楽しみ、他の男たちはおこぼれにあずかるように妻の体を思い思いに触っています。
 

甘熟女な嫁のおっぱいの柔らかさを確かめる者、おまんこ内に指を入れおまんこの締め付けも味わっています。
 

 
 

 

我慢できなくなったのか男の一人は、先輩を差し置いて一気におまんこの中に挿入しました。
 

童貞だったらしく挿入直後に

「あ~気持ちいい。いく。ウッ」
と言いながら

「ビュル、ビュル~」
と出したようです。
 

 
 

 

先輩もこれには怒ったらしく男たちは、妻から離され周りでペニスをしごいています。

 

先輩の一人が妻のおまんこに水道の蛇口を差し込み一気に蛇口をひねりおまんこ内の精子を洗浄しました。
 

 
 

 

「プシャー」
と水と精子で台所が水浸しです。
 

妻は、彼らに体を舐められおまんこに指を入れられると、激しく出し入れされ遂には感じてしまったのか?妻は激しく潮を噴き上げたんです。
 

 
 

 

彼らの甘熟女な嫁への性欲は留まる事を知りません。
 

逝ったばかりの妻は何度も彼らの激しい責めに、何度も逝かされ息を荒らしていました。
 

 
 

 

先輩達は、ペニスで妻のおっぱいを責めたり、おまんこの割れ目に擦り付けたり、口に含ませるなどやりたい放題です。
 

ついには、乳首と口内への射精が始まり、先輩の一人はおまんこの割れ目に放出していました。
 

 
 

 

グッタリする妻のおまんこに精子を塗りこみ潤滑油とした先輩の一人がじらしています。
 

「どうしてほしい?」
と聞きながら割れ目をなぞり挿入を連想させます。
 

 
 

 

ついには、

「私のおまんこに生ちんぽください」
と妻が言いました。

 

輩は軽々抱きかかえ巨根を一気に押し込んだのです。
 

 
 

 

妻は、

「うっ」
と声をだし

「おまんこが裂ける~駄目大きすぎる」
と言いながら自分で腰を振っています。
 

それを見ていた先輩方が一気に駆け寄り口にペニスを押し込み、手でしごかせ、おっぱいへの愛撫も激しくなってきています。
 

 
 

 

「やべ~、気持ちよすぎる。おっぱい揉みながらだともう出そうだ」
と言うと腰を突き上げ

「ウッ、出る」
と甘熟女な嫁の中に射精しているようです。
 

 
 

 

妻も中出しされ

「あ~、出てる。すごい、いっぱい出てる~」
と言いながら余韻に浸っています。
 

 
 

 

それと同時に

「ビュルビュルッ」
という音が響き渡り、手でしごいていた先輩が放出し、フェラチオしていた先輩も口内へ果てたようです。
 

妻は精子を飲み込めずおっぱいの間にたれていきます。
 

 
 

 

その光景に影響されてか周りの男たちも床に精子ばらまく者もいました。

 

次に手でしごいていた先輩が挿入するようです。
 

 
 

 

先に騎乗位で出した先輩がおまんこからペニスを抜くと

「ドロッ」
とした精子が妻のおまんこの入り口付近で玉になっていました。
 

次の先輩は気にせず、そのまま挿入しました。
 

 
 

 

一回射精しているため、すぐに逝かず妻のおっぱいをもみくちゃにしながらパンパン激しい音を響かせ全神経をペニスに集中しているようです。
 

周りにいた男たちも何人か呼び出され、妻の両手と口で快楽を味わっています。
 

 
 

 

口で出した先輩は自分の精子でパイズリを楽しんでいます。
 

おまんこに挿入していた先輩もそろそろ限界らしく、

「あ~、もう限界だ~」

「中に出すぞ、あ~、気持ちい。もっとおまんこで締め上げて。あ~いく。ウッ!!」

「駄目、お願い中は…。抜いて~。できちゃう、子供できちゃう妊娠する~。あ、あ~」
そんな言葉を無視する様に、先輩は中にたっぷりと自分の分身である精子を注ぎ込んだようです。
 

 
 

 

でに1回中出しされているため、おまんこ付近はピストン運動でかなり泡立ち中出しの精子がたれてくることはなかったようです。
 

続いて、パイズリしていた先輩が正常位で挿入し、両手、パイズリ、フェラチオの6Pというすごい光景が広がっています。
 

 
 

 

つい、私も自分のペニスをしごき手には我慢汁が溢れています。
 

妻も

「ウッ、ウッ。あ~いい。もっと揉んで。突いて」
と言いながら奉仕しています。
 

 
 

 

ここまでくると酔いのせいか望んでしているのかわからない状態です。
 

数分後、皆思い思いの場所で果てていました。
 

 
 

 

甘熟女な嫁は、おまんこから精子が溢れだし、自慢のおっぱいも精液で汚れ、口からも精子が溢れています。
 

見るも無残な状態ですが、まだ3人。
 

 
 

 

先輩から妻への輪*許可が出ると男たちは一斉に群がり無残な状態です。

 

最低でも5Pでセックスが行われかれこれ3時間たっていました。
 

 
 

 

おまんこ、口、おっぱい何回出されたのか、真っ白な状態となり妻に精子が積もっているかのようでした。
 

そこになんと!息子が入ってきて母親の無残な姿に驚きを隠せないようです。
 

 
 

 

ですが、下半身はなぜか露出しており勃起しています。
 

よく見ると剥けており白い泡がついています。
 

 
 

 

「?」
と思っていると、息子は躊躇せず妻のおまんこの中へペニスを押し込んでいきました。
 

「ウッ。入ってくる。おおきい。あ~、いい」
と妻が快楽へと沈んでいきます。
 

 
 

 

分の母親との近×××にも関わらず躊躇なく腰を振り正常位での挿入感を味わっています。
 

「もっと、締め付けて。母さん」
と言いながらピストン運動を早めていきます。
 

 
 

 

「おしり突き出して」
とペニスをぬくと妻も四つん這いになり挿入を待っています。
 

妻には、息子も単なるペニスとなり果て酔っているからなのか、自分から進んで奴隷にでもなっているのか?わからない状態です。
 

 
 

 

「母さん、入れるよ。いっぱい感じてね。今回は出すね」
と言いヌプッと奥深く挿入していきます。
 

 
 

 

後背位になった甘熟女な嫁は、おまんこ、口、両手と下に潜り込んだ男のパイズリに身を任せています。
 

「う~、うん、あっ」
と感じています。
 

 
 

 

5分もしないうちにフェラチオをしていた男が果て、口内から精子がトロンとテーブルにたれました。
 

手でしごかれていた二人も妻に精子をシャワーのようにかけています。
 

 
 

 

おっぱいにも射精が行われ母乳のように精子がたれています。
 

息子のペニスも限界が近いようでピストンが早まり、パンパン音が響き渡っています。
 

 
 

 

「母さん、逝くよ。おまんこにいっぱい出すね。あ~逝く」

「ビュルビュル~」
シコシコと尿管に残った精子も吐き出すようにピストンしています。
 

 
 

 

息子がペニスを抜くと

「ボチャ」
と精子がたれました。
 

妻もその場に崩れ落ちピクピクと痙攣しています。
 

 
 

 

映像は、ここまでで終了し先輩からのデータが終わりました。
 

私も果ててしまいトランクスが精子でベトベトです。
 

 
 

 

ここまで見たときに疑問がわいてきました。

 

にも何人かいたお母さんは気づかなかったのかということです。
 

 
 

 

ここまで激しくセックスをやっていれば誰かは気づくはず。
 

それに息子のペニスについていた白い泡のようなもの。
 

 
 

 

次の映像を見て疑問がはれました。
 

次に和姦合宿とかかれた映像データです。
 

 
 

 

こちらは歩いて5分くらいの場所にある体育館に息子と男14人、妻以外の宿泊したお母さん方3人が映っていました。
 

お母さん方3人は、妻と同じくらいの年齢でスタイルもよく、D・Eカップあるような美人です。
 

 
 

 

お母さん方は、柔道着に着替えてくるようで

「女性が大学生の相手?」
と疑問を持ちながら見ていました。
 

5分くらいするとなぜか

「ヒューヒュー、いいぞ~」
と盛り上がる男たち。
 

 
 

 

カメラがお母さん方をとらえるとありえない姿で映っていました。

 

マイクロビキニにおまんこ部分がもっこしているお母さん。
 

 
 

 

下半身にはバイブが刺さっているようでクネクネとヨガっています。
 

他に柔道着の上のみで帯も締めず下半身露出でかなり太いバイブが刺さった状態のお母さん。
 

 
 

 

生まれたままの姿のお母さんですが、乳首とおまんこにはバイブがくっついています。
 

不意にも勃起してしまった私です。
 

 
 

 

男たちはじゃんけんをし5人ずつの組み分けをしているようです。
 

お母さん方はその間オナニーをしおまんこへのペニス挿入準備中のようです。
 

 
 

 

息子は驚きが隠せず余った組に分けられました。
 

男たちは、早速お母さん方にペニスを舐めさせ、おっぱいへの愛撫おまんこへの刺激を盛んに行いおまんこに生で挿入していきました。
 

 
 

 

息子は、参加できずに自分でしごいて見ているだけのようです。

 

ちこちで

「あ~、いい。もっと突いて。中に頂戴。奥に欲しいの濃い精子」
と言いながら次々に中出しされていきます。
 

 
 

 

息子もついに男の一人に連れられマイクロビキニが精子まみれのお母さんの中へペニスが入っていきます。

 

「あ~、気持ちいい。これがセックスなの?腰が動いちゃう。で、でそう精子」
と初めての感覚におっぱいを必死に揉みながら腰を振っています。
 

 
 

 

お母さんが

「いいわ。中に頂戴。妊娠してもいいから中にいっぱい頂戴。あなたの精子」
と言うと。
 

 
 

 

ズンと突き

「ビュルビュル~」
とおまんこの奥深くに自分の性のすべてを吐き出したようです。
 

一回すると息子もなれたのか次々にお母さん方を凌辱し中出しを楽しんでいます。
 

 
 

 

お母さん方全員に中出しをした者たちは、真っ裸で体育館を出ていきます。
 

そうです。
 

 
 

 

甘熟女な嫁の元へ移動しているんです。

 

男の一人が

「今日、新人さんが台所で子作り中なんだよな~。そろそろ行ってみるか」
といなくなっていきますが、体育館へ入って来る者もいます。
 

 
 

 

妻の中に出した者こっちに来てさらにセックスを楽しんでいるんです。
 

私は先ほどの映像に20人ではすくないなと思っていましたが、こういうことだったんです。
 

 
 

 

和姦合宿…。

 

味が分かりました。
 

 
 

 

この映像は、息子が体育館を去るところで終わりました。
 

最後の強制孕ませ妊娠が気になって仕方なくなり、映像再生をしようとしたら写真のプレビューが表示されました。
 

 
 

 

その写真には妻が、コーチ陣とも5Pをやっているものもあり、見入ってしまいました。
 

もちろん先程のお母さん方も一緒です。
 

 
 

 

そして、息子や先輩、男たちも混ざり柔道部ではなくセックス愛好会さながらのセックスサークルだったのです。
 

コーチ陣と息子たちがお母さん方に精子をぶちまけている所やおまんこから抜き出すときにて出てくる精子の写真も複数枚あり

「ぬきネタ」
とフォルダに書いてある意味がよくわかります。
 

 
 

 

映像が気になりすぐに再生しました。
 

裸に柔道の上着だけを着せられた妻やお母さんたち4人が、彼らの相手を合宿上の体育館でさせられていました。
 

 
 

 

服を着ていると言うには露出が多く、胸元ははだけおっぱいがプルンプルン揺れていてほとんど裸です。

 

ズボンもはいておらずおまんこの陰毛や割れ目がはっきりと確認できます。
 

 
 

 

しかもおまんこには、バイブが挿入されマン汁がぽつぽつと滴り落ちています。
 

妻達は、押し倒されマンぐり返し状態にしてバイブでおまんこを弄繰り回しフェラチオもさせています。
 

 
 

 

豊富なおっぱいは皆お気に入りで毎回と言っていいほど揉みくちゃにされています。
 

しばらくするとコーチ陣が正常位で挿入しだしました。
 

 
 

 

誰が先にお母さん方を逝かせ射精するかを競おうと言っています。
 

「奥さん、いいんですか?旦那さんいるのに僕たちのペニス生でおまんこがくわえてますよ。想像以上に気持ち良いからすぐに出そうです」
と言いながら犯しています。
 

 
 

 

妻たちは

「いいの。主人とはもう子作りしないので生が恋しいの~」
と言いつつ自らも腰を振り射精を促しています。
 

 
 

 

度のいい妻が一番先に逝ったようで、コーチも確認後おまんこに注ぎ込みました。
 

ペニスが抜かれると濃い精子がコプッと音をたてでてきています。
 

 
 

 

その後、お母さん方が逝くとコーチが中出しをし、コーチ陣がお母さん方の味見をし終わると全員に中出しが施され息子たちの番です。
 

息子たちも目が充血し妻たちに襲い掛かりました。
 

 
 

 

「あんん、いい。もっと突いて。もっと奥。おっぱい揉んで~」
等あちこちで快楽のうめき声や雄叫びがこだましています。
 

 
 

 

甘熟女な嫁たちの周りは精子で池ができており、人工的なローションのようです。
 

カメラのレンズも曇るくらいの熱気と精子の異臭が漂う様子がわかる感じです。
 

 
 

 

コーチ陣も数十分でペニスが回復するため、次々に割り込んで中出し。
 

確かこの時は集中合宿だったため2週間は妻が不在だったはず。
 

 
 

 

映像は、あちこち継ぎ合わされているようで、少なくとも24時間は中出し継続中と思われます。

 

その後もあるようですがコピーし後で見ようと思い保存しました。
 

 
 

 

ですが、気になってしまい早送りで見ると体育館の掃除とかはせずに一週間セックス柔道をしている映像でした。
 

なんと、管理人も参加し爺にまで中出しされていました。
 

 
 

 

食事の準備中も妻達は、エプロンに裸で食事を作らせられ絶えず後ろには男が付き中に挿入し精子を射精していました。
 

ときどき、水分補給と言いながらペニスを口に含み精子を飲み込んでいます。
 

 
 

 

おまんこからは、絶えず精子が垂れてくるためか使わないときにバイブで蓋をされています。
 

すぐにほかのペニスが刺さってくるようですが。
 

 
 

 

食事が始まると、テーブルの下で、先輩達のチンポを求め喰らいついている妻達は。
 

もう、すっかり彼らのセフレでした。
 

 
 

 

ここまで来ると強制孕ませ妊娠も意味が分かりました。

 

頃、妻たちはこの続きを行っているのかと思うと悔しくてたまりません。
 

 
 

 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑