39歳にして言いなりM女の資質を見抜かれた女医の嫁を貸し出し中です!

は39歳になる麻酔科の女医です。
ですがM女の資質を見抜いた55歳の初老の紳士に、そんな頭脳明晰な嫁を貸し出しています。
 

 
男性経験のなかった妻と結婚して9年になりますが、まだ子供はいません。

 
私が単身赴任することになり、仕事の関係で一緒に行けない妻を通い妻として貸与することにしました。

 
当然ですが・・・、貸与妻になるように話をした当初は、怒って2日程は口も聞いてくれませんでした
 

ですが、根気強く説得してお話し相手としてだけでもと言う条件で、会うだけ会ってみますと言って、妻はA氏とお見合いをしました。

 
A氏は上手に妻と接してくれて、それからたびたび妻はショッピングや食事等のデートをしていました
 

私の赴任日が近くなったある日、普段よりもずいぶん妻が帰って来た翌日に妻がA氏の通い妻になりますと言いました。

 

「2人は肉体関係を持った…!」
 

と恥ずかしそうに照れながら下を向いたままで妻は言いました。

 

私は単身赴任して5ヶ月が過ぎました。

 
夫婦としては一緒に住むことは当然のことですが、夫婦となった妻は、自宅の掃除等以外の日はA氏のマンションで過ごしているようです。

 

妻とは、メールや電話で毎日のように連絡し合っていますが、旦那様(A氏)という言葉がたびたび妻のメールや電話で出てくるようになりました。

 

A氏からも電話では、S(私)に感謝しています。

 

妻として良くやってくれています。

 

仲良くやっていますから、と言われました。

正月に帰省して妻の変化を見るのが楽しみです。

 

妻がA氏と家庭を持ってから1ヶ月ほどたったとき、ご主人(A氏)から一本のビデオが送られてきました。

 

それは、妻のゆかりが初めて裸エプロンになったときの記録でした。

 

ダイニングキッチンでシンクの前に立った妻はブラウスに白のミニスカ姿ではにかみながら俯いていた。

 

ご主人が、「ゆかり顔を上げなさい!ご主人に送ってあげるんだからいい顔見せないとだめじゃないか」と言われる声に促されて、恥じらいながら顔をカメラ目線にしました。

 

その表情には、恥じらいの中にも心を許した信頼しきった表情をしていました。

 

 
ブラウスを脱ぎなさい
 
と言われてブラウスのボタンをゆっくり外し、徐々に胸元をひろげるとピンクのブラが見えて、全てを脱ぎ終えると上半身はブラだけになりました。

 

ご主人から言われて、スカートのフックを外しファスナーを下ろしたら足下に落ちて、ブラと対のピンクのパンティだけになりました。

 

 

はご主人に言われるままにブラを取ると弾むように揺れて乳房が現れました。

 

 
両腕を組んで隠そうとする妻にご主人が、
 
「隠したらだめじゃないか!腕をおろしなさい!」
 
と言われて両腕を下げてカメラ目線になって恥ずかしいですよと言ってる表情をしていました。

 

 

促されてパンティに手をかけて徐々におろすと透けて見えていた薄いヘアーが徐々に現れ背中をおるようにして両脚からパンティを抜いて手で前を隠し俯いて立つと、ご主人の叱られて両手を後ろで組んだ背中を伸ばして羞恥の表情ながらカメラを見ていました。

 

 

そんな妻は、ご主人に促されて用意していたTバックを履きました。

 

それは、フロント部分も切れ上がって僅かに縦の筋を隠していましたが、透けたレースのTバックだったのでそそる姿でした。

 

Tバックは初めて履くのかな?とご主人に聞かれて、「はぃ・・・恥ずかしいです」と言っていました。

 

エプロンは喫茶店などでウエートレスが付けている小さな前掛けのようになっていて、繋がっている上はなんとか乳房を隠している状態でした。

 
だから、上からも横からも側に寄れば乳首まで見えると思いますし、ビデオにも写されていました。

妻は初めての裸エプロンに羞恥の極みだったようです。

 
後ろを向かせて、背中からTバックの紐が食い込んだお尻まで丸見えになっている全身は羞恥のためか赤く染まっているようでした。

 

 

 
正面を見て立っている妻に「ゆうこは素直で良い娘だ!わしの妻になって幸せか?」と聞かれて、「はい!幸せです。」と笑顔で答える妻に、「良い娘だから、褒美をやるぞ、わしのおチンポ様をしゃぶらせてやるから、こっちにこい!」と言われて、はにかみながらご主人の座っているソファーの前に正座して、ズボンのファスナーを下ろし、下着と一緒に下ろしました。

 

 
妻は、もう硬くなっている逸物を右手にとって、皮を括れまで剥いて亀頭に舌を這わせて舐めていました。

そこには透明の液が流れ出ていたようです。

それを舐めるようにして亀頭を口に含むと右手で竿を擦りながら左手で玉の袋を包むように握るとやさしく揉み始めていたようです。

 

ビデオを操作しているご主人を上目遣いに見上げて、これで良いですかと聞いてる表情したようです。

ご主人が、「うん!上手くなったぞ、いいぞ・・・気持ちいいぞ」という声が入っていました。

そんな妻の姿は、僕は初めて目にする光景でした。

 
もう僕の男根も先走りを流しながらはち切れんばかりに勃起していました。

 

 
病院では、女医として男性医師にも負けない、てきぱきとした行動で、看護師からも慕われている妻

 
そんな嫁を見慣れている僕には、A氏に従順な妻に嫉妬の気持と同時にA氏に貸与して良かったという気持も有りました。

 

う止めていいぞ、続きはベッドでやるぞのご主人の言葉でビデオは終わっていました。

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑