清楚お嬢様系だった嫁に媚薬調教を受けさせたら→変態プレイが大好物なドスケベ淫売妻に成り下がっちまった件w

カテゴリー 妻の体験談タグ , ,

ダルトサイトをネットサーフィンをしてたら発見したんです

「貴方の大切な相手を性奴隷に開発してみませんか?」
という過激なエッチなサイトを!

私の妻はある地方中堅企業役員のお嬢様で、セックスについては、いたってノーマルフェラやアナルはもちろんのこと、騎上位すらやってくれないほどのマグロ女で子作りSEX以外のときは、かならずコンドーム着用するといった念の入りよう。

セックスの時間も10分以上は認めないほどのセックスに対してはドライでした。

しかし、お嬢様本来の気品と透けるような肌、そして完成されたプロポーションと美形の顔立ちは圧巻で、そんな妻を淫乱にしてみたい。

おもいっきり犯してみたいと思うのは私にとって当然の欲望でした。

その期待と不安で、そのサイトを覗いてみると「ここの内容についてはメールでお問い合わせください」とだけ書いてありました。

 

騙されてもともとと思い、早速そのアドレスに資料請求のメールを送ってきました。

返事は次の日にきました。

非常に丁寧な言い回しで、その文章は書かれており、内容は、このクラブは非合法な会員制であること。

面接をおこないクラブ側と私が直接会うことで依頼書と契約を結ぶということ調教内容については、そのとき相談するということ。

そして調教には、いくつかのコースがあり、それに応じて料金が発生するということでした。

 

私は、それらの内容を一字一句よく読むと、その面接の日程を承諾してメールを返信しました。

そして、面接の当日指定のあった東京の五反田にある、そのクラブのオフィスへ出かけました。

そこは、本当に普通のマンションの一室でインターフォンを押すと中年の女性が受け答えし、部屋に迎え入れてくれました。

直に会った感じは、ほんとうにキレイな飲み屋のママという感じの方で、怪しいというよりも普通な印象でした。

彼女は、まるで化粧品を紹介するようにパンフレットを広げて調教のシステムを丁寧に紹介してくれました。

 

そこにあったので、覚えているというか記憶にあったのは「M女コース」

と「淫乱女コース」

なかには「変態コース」のようなものもあったように思えます。

もちろん、もっと格好いい名前がついていましたが。

それらのコースによって調教期間が決まっており、もちろん料金も異なっておりました。

じつは料金表を見せられてびっくりしたのですが、そのコースのいずれも数百万円以上で現金か振り込みのみとされていました。

結局、私はその中から「淫乱女コース」を選び妻を淫乱に開発してもらうために、契約内容を確認しました。

 

約書は、こちらからの要望とクラブ側の要望を確認するものでした。

私は、「妻の身体に傷を付けたりしないこと(指定場所へのピアス等は可)。媚薬の使用は許可するが、常用性のあるものは絶対に使用しないこと。調教後、日常生活に障害をきたさないこと。」等の条件を提示しました。

 

クラブ側からは「多少の衰弱は容認すること。不慮の事故等が合った場合の責任は負わないこと」等を確認されました。

事故という言葉に不安がっているのがわかったのか、その女は「うちのクラブは媚薬等で調教をサポートしますから、いままで事故等がないのが自慢なんですよ。ご主人、安心ください。」とにっこり微笑まれてしまいました。

 

数日たって、振り込みを確認したという連絡が電話で入り、調教をはじめる日程と場所がファックスで送られてきました。

意外にもその場所は都内の一流シティホテルの一室でおこない期間も一週間というものでした。

もちろん、その間の宿泊費はこちら持ちです。

いよいよ決行の日。

なにも知らない妻を「東京へ遊びに行こう」と騙して指定のホテルへ連れ込みました。

 

東京&シティホテルというシチュエーションから、まったく疑い等はなかったようです。

指定された部屋にチェックインし「エステ会社」の従業員を装ったクラブの調教師?を待ちました。

しばらくして部屋に調教師が現れました。

調教師と思われる若い男性二人と中年の美しい女性は妻に美容チェックをするようなふりをしてベットに寝かせ、あっというまに薬かなにかで眠らせてしまいました。

そして、調教師の女性が私に向かって「ご主人様、ただいまより調教を始めますが、その前に最終確認をおこないます。よろしいですか」と尋ねました。

 

は「はい」と答えました。

「これから、おこなう調教はいくつかの媚薬を使用します。もちろん、常用性はありません。ただし、香のようなものですので調教中の立ち会いは一切行えません。よろしいですね」これらについては、すべて聞いていたことだったので、素直にハイと応ました。

 

さらに調教師は話をすすめます。

「また、調教終了については調教完了後、事務所より連絡いたします。ただし、期間については奥様の状況によって多少前後しますがよろしいですか?」これについては聞いていなかったが、始まってしまった以上しょうがないと思って承諾しました。

結局、いくつかの問答の末、私はそのホテルの一室を後にしたんです。

そして、結局待つこと10日間。

 

10日目の朝、クラブ事務所から調教終了の連絡がきて、私は期待と不安でホテルに妻を迎えに行きました。

ホテルの部屋に入ると妻と調教師の女性が待っていました。

「ご主人さま、すべて調教が終了しました。検収をお願いします」そう機械的にいうと調教師の女性は妻をソファに座らせると大きく脚を開かせて、私の方に突き出させました。

そして、妻の耳元でなにかをささやきました。

 

妻はスケスケの穴あきベビードールをはいていましたが、その割れ目には金のボディピアスが三つ付けられ、さらにすけべな愛液があふれ出しています。

「あなたぁ、私、セックスだーい好きな女になっちゃった。こんなに濡れてるの。早くしてぇ。」そういって、自分の指を二本入れてアソコをグチャグチャとかき回しはじめました。

 

れを見ながら「奥様は、ご主人のあるキーワードで淫乱モードに入るように調整されています。それは○○○という言葉ですのでお気をつけください。なお、この言葉についてはご主人さまだけに反応するように調教しております。また、解除については△△△です。」女は続けました。

 

「また、ご依頼どおり、フェラチオ、アナル、複数人でのプレイ等のテクニックも極めておりますから、一週間以内にお試しをお願いします。それ以降のクレームは受けませんのであらかじめご了承ください。」そういうと、私に受け取り証を渡して部屋から足早に立ち去りました。

妻と二人きりになったので早速試してみることにしましたが、その前になにをされていたのかを聞いてみました。

不思議なことに妻は調教については、ほとんど記憶がなく、ただ気持ちよかったことと何人もの男性と素敵なセックスをしたことだけ覚えていると言いました。

 

もちろん、アナルもですが結局、妻に調教されたテクニックはものすごいもので、その容姿からは想像もつかないほどのHなテクニックとプレイに、私は何度も何度も抜かれまくりました。

家に戻り、数日後、悪友を呼んで4Pを初体験しました。

これも、すごいものでした。

口とアナルとアソコの穴という穴全部に男根をくわえ込んで、なんどもなんども生出しを受け入れていました。

もちろん、妻は低量ピルを飲んでいます。

 

もう、私の理想のドスケベな淫売妻でした。

毎日、妻のテクニックを楽しみ、そして毎月数回、友人たちを招いてセックスパーティをしました。

海外旅行で黒人たちに妻を抱かせてビデオ撮影もしました。

妻はどんなハードなプレイにも妖艶かつ淫乱に応えてくれ、まるで夢のような日々でした。

ところが、ある事実が発覚しました。

 

るアングラ乱交雑誌に妻らしい女性が載っていたのです。

友人が書店で見つけてもってきてくれたのですが、目線が隠されていましたが、その体つきやピアスの位置から間違いなく妻だということがわかりました。

妻は、複数の男たちを相手に好きなように犯されていました。

そして編集部からのコメントで「読者参加特別企画・第三弾。好評!人気企画の第三弾!!。おなじみの超淫乱で上品な特A人妻○○○さんが、今度は連続何人いかせられるか(生挿入・中だしOK)に挑戦します。参加したい方は是非いますぐ編集部へ」と書いてありました。

 

もう、私はびっくりでした。

そして、そういえば毎月10日前後にお茶の稽古があると言って東京へ出かけていることに気がついたのです。

妻は、私のプレイでは物足りないほど淫乱な身体に調教されていたのでしょうか?ああ、なんてことだ

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑