お嬢様の告白┃私立のお姫さま学校にやってきた来賓講師とやっちゃった件w

お嬢様様が、お姫さま学校の講師と性体験しちゃった件について語ります。

 

 
 

の高校は私立のいわゆるお嬢様学校でした。
 

通常勤務の先生以外にも年に何人かの

「来賓講師」
をよんできて、特別授業をしてもらったりします。
 

 
 

 

私の初めてのエッチの相手は英語の来賓講師でした。
 

 
 

J先生は36歳のイギリス人。
 

 
 

 

先生の詳しい職業や事情はよくわらかないけど、特別授業の期間中、学校敷地内にある来賓宿舎に寝泊りしていました。
 

先生はやっぱり大人~って感じだけど、授業中や休み時間に話をしてみると、冗談ばっかり言ってて、子供っぽいところもあって、キュートな人だなぁとだんだん惹かれていきました。
 

 
 

 

 
 

 

 
 

して夏祭りに友達と一緒に先生を花火を見せに連れってあげました。
 

私たちは旧校舎のある丘に行き、私と先生が校舎の壁にもたれかかるように座り、友達数人は私たちの前方の芝生に寝そべる形で花火を見ていました。
 

 
 

 

すると先生が手をつないできました。
 

 

生はビールを飲んでいたのでビックリして

「Areyoudrunk?(酔っぱらったの?)」
と言うと、先生はビールくらいで酔わないよ、K(私)と手をつなぎたいだけだよ、と言ってギューと私の手を握りました。
 

 
 

 

先生の手はおっきくて、あったかくて胸がドキドキしました。
 

先生は指で私の手の平や指の間を優しく、でもなんかエッチっぽく撫でてきました。
 

 
 

 

 

火が終わったので、みんなで駅に向かいました。
 

その間も先生は私の手を離しません。
 

 
 

 

なので、みんなにばれないようにみんなの後方を歩きました。
 

 

に着くと祭り帰りのすごい人で、到着する電車もすでにギューギュー詰め。
 

 
 

 

「こんなの乗れない。無理!」
と思ってると、先生が先に電車に乗り込み、ムリヤリに私のスペースを確保して

「K、大丈夫。

乗れるよ。」
と言って私の手を引きました。
 

 
 

 

 

車に乗ったはいいけど、すごい満員で、私の背中に先生の体がピッタリくっついた状態。
 

ハズカシクて黙っていると、先生は後ろから私の太腿とお尻を触ってきました。
 

 
 

 

くすぐったいような、ゆっくりした触り方。
 

 

ッタリ密着してるので、先生のつけてるコロンの匂いと汗の匂いが混じって匂ってくる。
 

 
 

 

電車の中でギューギューだったのと、先生に触られてドキドキしたので、私の降りる駅に着いた時には、貧血をしたときみたいに、フラフラめまいがして1人で歩けませんでした。
 

なので、先生が家まで送ってくれることになりました。
 

 
 

 

 

は駅前に自転車を預けていたので、先生が私の自転車をこいで、私はその後ろに乗りました。
 

すると、先生は自転車をゆっくりこぎながら、左手で私の制服のスカートに手を入れて、左の太腿を撫で始めました。
 

 
 

 

恥ずかしかったけど、全然イヤじゃなくって、逆にもっと先生に触って欲しい、私も先生を触りたいと思ってしまいました。
 

 

は遠慮がちに先生の腰に置いていた手を離し、後ろから先生の背中に抱きつきました。
 

 
 

 

先生は私の脚から手を離し、私の両腕をもっと自分の体に押し付けるように強く撫でました。
 

家まで送ってもらって、先生は徒歩で帰って行きました。
 

 
 

 

 

の後、学校で先生を見かけるとドキドキしたし、話ができるとうれしかった。
 

私が英語が得意なのもあって、何かと私に用事を頼むようになりました。
 

 
 

 

一緒に事務局室に行った帰りに、エレベーター内で抱きしめられたりしました。
 

 

はそうされるとうれしいけど、どうリアクションをしていいかわからず困っていると、先生は

「やめてと言われればすぐにやめるから。怖がらないで。」
と言いました。
 

 
 

 

 

る日、下校途中に先生に呼び止められて、先生も駅に行く用事があるので一緒に帰ろうと言われました。
 

でもその前に来賓宿舎に鞄を取りに行くのでついてきてと言うので、ついて行きました。
 

 
 

 

それまで来賓宿舎なんて入ったことなかったけど、CDプレーヤーやTVもお風呂も室内にあって、小さいホテルみたいでした。
 

 

生がトイレに入っている間、ベッドに腰をかけてCDを見たりしてました。
 

 
 

 

すると、突然先生が後ろから私のことを抱きすくめて又

「やめてと言われればすぐにやめるから。あれからずっとKに触れたくて仕方なかった」
と言って、私の体を自分の肩にもたれかけさせて、キスをしました。
 

 
 

 

 

もJ先生がスキ」
と言って先生にキスを返しました。
 

それからけっこう長い間ベッドの上で抱き合ったままキスをしました。
 

 
 

 

私は元彼とはキスをしたり触られたりというのはあったけど、最後までいかずに別れました。
 

 

ので、まだ

「処女」
だと言うことを先生に話しました。
 

 
 

 

先生は

「どうして前彼とはSEXしなかったの?」
と聞きました。
 

私は

「怖くて」
と答えました。
 

 
 

 

 

ると、先生はギューと私を抱きしめて、

「ベッドの上では君が゛ボス“なんだよ。君がしたいこと、したくないことを決めていいんだ」
と言ってくれました。


 
それから先生が仰向けに寝て私がその上にうつぶせに寝る形で、キスをしました。キスをしていると、先生の両手が背中からお尻へと動いていきました。先生がスカートの中に手を入れて私のお尻を掴んだ時、やっぱりビクッとしてしまいました。

「怖がらないで。大丈夫だから。」
先生はそういってゆっくり私のパンティーを脱がしました。
 

ドキドキしたけど、私も自分でブラウスのボタンを外しました。
 
先生は私と向かい合わせに座って脚と脚をからませて、私の胸をブラの上から触ったりキスをしたりしました。
 
ブラの上から口でハムハムされると気持ちよくって、ちょっと声が出ちゃいました。
 
先生は私にブラウスを着せたままブラを外して、乳首をチョロチョロと舌で舐めて、スカートの下の生おしりを撫でまわしました。
 
突然、先生は胸を舐めるのをやめて、私の目をじっと見詰めながら、お尻からそろそろと前の方へと手を移動させる。
 
指先で内太腿を撫でられて、その指がだんだんあそこに近づいてくる。
 
私は下唇を噛んで、声をガマンしました。
 
先生に見られてるのが恥ずかしい。
 

 
目をそらそうとすると

 

「K。
 
ガマンしないで。
 
気持ちよかったら声を出すのがナチュラルなんだよ。
 
言っただろ?君がボスなんだよ。
 
して欲しいこと、して欲しくないこと、どんな風に感じてるのか、きちんと伝えないと。」
と言いました。
 

 
そして先生はクリを触りながら、乳首を舐め始めました。
 
もう私もガマンできなくって、

「Jitfeelssogood..(J先生、気持ちいい)」
と伝えました。
 

先生は私を仰向けに寝かせて、私の脚の間に寝転び、ペチョペチョと舐め始めました。
 
気持ちがいいのと、恥ずかしいので、先生から逃げたくて、お尻を引きぎみにしたりジリジリと枕の方へ逃げようとすると、先生が両足首を掴んで引き戻し、太腿を両腕で捕まえられて、思う存分舐められました。
 
cヘンになっちゃいそうに気持ちよかった~。
 
体を起こしてみると、薄いカーテン越しの窓に他の生徒が下校している姿が見えて、私って学校でこんなことしちゃってるんだ~と余計に興奮してしまいました。
 
その日は、そのまま先生と駅まで行って家に帰りました。
 
それ以後も先生と来賓宿舎で何度か抱き合い、一緒にシャワーやお風呂に入り、食事やデートにも出かけました。
 
J先生は私に先生のアレをじっくり観察させてくれ、どういう風に気持ちよくするのかも見せてくれましたが、私の目の前でイクことはありませんでした。
 

「どうして?」

と聞くと
 

「Kにはまだ早い。
 
怖がらせてしまうといけないから。」
 

と言いましたが、そういわれれば尚更、私は先生のイクところを見たくて見たくて仕方ありませんでした。
 

J先生と私との関係は高校を卒業しても続きました。
 
学校内には私と先生との間をアヤシイと感じる友人達も居たようですが、公に噂にはなりませんでした。
 
私が大学生になると、先生も少しずつ私に色々試させてくれるようになりました。
 
先生と私はラブホテルを使うこともなく、先生の自宅や車の中、雑居ビルの屋上なんかで抱き合いました。
 
雑居ビルの屋上の時はすごく興奮しました。
 
そのビル内のメキシコ料理屋さんで食事を終えた後、屋上に行きました(鍵があいてた)。
 
その屋上は四方に看板があって、外から私たちの姿が見えなくなっていたので、私たちは抱き合ってキスをしていました。
 
すると先生がジーンズの中に手を突っ込んでお尻をムギュムギュしてきました。
 
そして、私のジーンズとパンティを下ろすと、指でアソコを触ってきました。
 
すぐに膝がガクガクして1人で立っていられなくなったので、先生は手すりに私を座らせ、ペロペロしてくれました。
 
私は大きな声を出してしまいました。
 
先生は自分のアレをジッパーから引っ張り出すと、

「K、触ってみて」
と言いました。
 

私は手でするのが、上手じゃないようで、先生は私の手の上からアレをつかみ、しごき始めました。
 
先生はすごく気持ちよさそうな顔をしてて、興奮した私は、膝をつき、先生のアレのさきっちょをペロッと舐めました。
 

「あっ」
と先生は驚いたような声をあげたので、私はもっとペロペロしました。
 

 

「K、あぁ、k。
 
気持ちいい・・ああっ」
と言ったかと思うと、先生は私を抱き上げ、再度てすりの上に乗せて、私のアソコにアレをあてがいました。
 

そしてヌルヌルとこすり合わせて

 

「ああ・・気持ちいい・・でもダメだ。
 
ダメだよぉ」
と泣きそうな声をあげました。
 

私は先生に入れてもらいたい一心だったけど、先生は結局私の太腿の間でイキました。
 
イってるときの先生は苦しそうで、でも気持ちよさそうで、男っぽいけどセクシーで・・。
 
どうして私にコレを見せたくなかったのだろうと不思議に思いました。
 

 

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑