犯され気分に陶酔してしまった件┃スカートもパンツも脱がされた快楽輪姦セックス体験談

カテゴリー 女の恥ずかしい体験談タグ

スカートを脱がされ、パンツも脱がされ、素っ裸の状態でおまんこを複数の目にさらされた。

 

そんな若かりし頃の快楽輪姦セックス体験だについて語ります。

 
局私は答えを出さず、その前にC君が我慢の限界にきたようだった。
C君は私の手を軽くどけ、ファスナーを開ける。
 

そして私にアレを握らせた。
 
はC君のアレが見える程度に軽く顔を上げた。
 

C君のアレも立派だった。
C君は頭を後ろにのけぞらせ、ハァハァ言い出していた。
 

 

 
はイクのが近いと思い、思い切り早くしごいた。
するとC君は「イク」と言って大急ぎで私の汚れている手を持ってきて、そこに出した。
 

少しこぼしてしまったが、C君は「あ、あ」と言いながら私の手に出した。

はそれを自分の髪の毛の間から見た。
 

顔を上げるのが恥ずかしかったから。
C君は「マジ気持ちよかったよ」と言って私の目の前にまだ立ち気味のアレを差し出した。
 

め取ってほしいというのは分かっていたが、その経験は今日のB君が初だった。
私は自然とC君のアレを口に含み、口の中で舌を動かして精液を舐め取った。
 

舐め終わるとB君が「手のも…」と言った。

は躊躇したが、口に含んで飲み干した。
 

左の手のひらはB君とC君の精液でべとべとだった。
D君があそこから手を引いて、自分からアレを出し、私の顔の前に持ってきた。
 

君「フェラしてほしいんだけど」と言った。
私は何も言わずに右手でこすこすとこすったあと、口に含んだ。
 

D君は腰に手を当て、感じているようだった。

君は後ろから私の胸とあそこをまさぐっていた。
 

するとA君が耳元で「脱がすね」と囁いた。
私は抵抗する気はなかった。
 

はYシャツのボタンを1つずつはずされ、前は全開になった。
全員の視線が胸に集まり、私はYシャツを脱がされ、ブラだけになった。
 

B君とC君が「あ?すげぇ」と言って、B君は触り始めた。

君は「早く脱がせよ」と言うが、A君は少しブラに手間取っていた。
 

やがてA君が私のブラをはずした。
みんなが「おおー」と言った。
 

けぇ、乳首ピンクだ、立ってるよとか、色々みんなに言われ、D君のをフェラしながら顔が赤くなった。
私は目をつぶっていたので、ちょっと誰かは分からないところがありますが…誰かが私の胸を触り、D君以外みんなもみ始めた。
 

私のおっぱいは3人の手でめちゃくちゃに揉まれました。

も気持ちよかった。
 

あそこにも手を持ってかれていて、もう誰が何をしているのかが分からなくなってました。
するとD君が「イク!」と言って私の頭を両手で抑え付け、激しく腰を振った。
 

して一番深い位置で射精、直接精液を口の中に流し込んだ。
喉の奥や舌の奥に精液が飛び散っているのがよく分かりました。
 

私はD君の両足に汚い左手とキレイな右手をかけ、離そうとしましたが、ダメでした。

は吐きそうなほどの苦しさの中、D君は結局最後まで口の中に流し込みました。
 

アレを口から離されてすぐ、私は咳き込んで精液を吐き出しました。
半分以上無理矢理飲みましたが…私は「D君…苦しいから…」とか細い声で言った。
 

君は「ご、ごめん、気持ちよくって…」と謝った。
そのやり取りを無視するかのように、A君が「次は俺だな」と言ってアレを取り出した。
 

私を仰向けに寝かせ、アレを私の胸に挟み込んだ。

イズリも初めてだった。
 

A君は私の胸の両脇を手で抑え、こすれるように溝を作って腰を動かし始めた。
私はその間も、他の3人にパンツ越しにあそこを見られていた。
 

るとB君が「こっちも脱がしちゃおうぜ」と言った。
私は恥ずかしさで一杯だったが、みんなに身を任せていた。
 

スカートを脱がされ、パンツも脱がされた。

はすっ裸の状態にされ、3人にあそこを眺められた。
 

A君は腰を振りながら「どんな感じ?」と聞いた。
3人はエグイエグイと言っていたが、誰かが「でも見てると立ってくるな」と言った。
 

君が「んじゃ誰か入れちゃえよ」と言った。
3人が私のあそこでジャンケンをした。
 

結果B君が最初に入れることになった。

は「入れるならコンドームつけないと」ととっさに言った。
 

B君が「あ、そうだね」と言って引き出しからコンドームを取り出し、着けた。
C君が「慣れてるなお前」と言うと、B君は「つける練習するために買った」と言ったのが印象に残ってます…私が「ほんとにつけた?」と確認すると、B君はゴムをつけたアレを私に見せた。
 

は「いいよ、入れても」と言った。
B君が私のあそこにアレを入れてきた。
 

何度か滑ったみたいだが、それがまた気持ちよかった。

は胸をA君に犯され、あそこをB君に犯されていた。
 

それまで我慢していた声が、我慢できなくなった。
私はあんあんと喘ぎながら、二人の腰使いで感じてました。
 

るとA君が「イク」と言って、私の胸の中で射精した。
「あ、熱いよ」と私は口に出して、酔いしれていました。
 

A君が離れると、私の胸の間に精液が溜まっていました。

はそれを見て、なぜかすごいエッチな感じになりましたね…B君と激しくセックスしている間、C君とD君はそれを見ていた。
 

二人とも我慢出来ないのか、自分でいじっていた。
私はそれを見て、この後この二人ともセックスするんだ…と思うと、すごく興奮した。
 

君はとにかく気持ちよくなりたいって感じで腰を振っていた。
そしてB君が「あーイク」と言って、中でゴム出ししました。
 

私はいけなかったけど、結構気持ちよかった。

君が私からアレを抜いた。
 

するとA君が私のアソコを見てきた。
A君はまだ見てなかったので、さっきのB君達と同じようなリアクションだったと思う。
 

君が「悪いけど見学は自分の番でしてくれ」と言って、私に入れてきた。
私は「ああ…」と入れられた時に声が出てしまいました。
 

D君はB君以上に激しかった。

だ何度かアレが抜けたりしましたが…A君が私の顔の付近にアレを持ってきて「A子見てたらまた大きくなったよ」と言って大きくなったアレを口に押し付けてきた。
 

私は目をつぶってA君のを口に含んだ。
A君のいる方の逆側から、もう一本アレが私の頬に打ち付けられました。
 

君のでした。
C君は「俺のも頼むよ」と言って、私の手を自分のアレに握らせた。
 

私はD君と激しくセックスしながら、A君とC君のを交互に口に含みました。

は「んー、んー」と声を荒げながら、鼻息も荒くなっていた。
 

私は口に含んでいたアレを離し、「あーいっちゃう!」と思わず声に出してしまった。
A君が「いっちゃえA子」と私の乳首をコリコリしてきた。
 

君もそれを見てしてきた。
D君が「いかしてやるよ」といって腰をガンガン打ち付けてきた。
 

私は内股に力が入り、「イク」と言ってイッてしまいました。

なみにこれまでセックスでイッた事はなかったり…私がイッた後の感覚に浸っていても、D君は腰を振り続けた。
 

A君とC君も私にアレをしごかせた。
D君が「あー俺もイクよー」と言ってさらに動きが早くなり…ゴム出し。
 

君は「あーすげー気持ちよかったぁ」と言いながら、私の中で射精してました。
D君がアレを抜く前に、C君はすでにその後ろに周っていた。
 

D君が抜いてどくと同時に、C君が入れてきました。

子、A子」と言いながら、すごいペースでピストンしてきた。
 

私は「あっあっ」と声をあげていると、A君が「ほら舐めてよ」と口にアレを押し込んできた。
私は口の中でA君のアレを舌で舐めまわしていましたが…それもすぐに出来なくなりました。
 

れだけC君のピストン運動が激しく、気持ちよかった。
だがC君は明らかにオーバーペースで…すぐにゴム出し。
 

C君は「ああー」と言いながら射精の感覚に酔っているようでした。

すぎだろと誰かが言って、C君は「自分でしこりすぎたわ」と言いました。
 

A君が私のあそこに入れてきた。
「これがマンコかぁ…すげー」と言っていた。
 

君が腰を動かしていると、D君が私の口に力でアレを含ませてきた。
さらにB君も。
 

C君は射精したばかりなのに、精液で濡らされた私の胸の間に挟んできた。

は4人の男を同時に相手にした。
 

それぞれのリズムで腰を打ちつけ、私の体はわけがわからなかった。
恐怖もあったが…今までにない快感を感じていた。
 

んなが私で興奮している、私で出したがっていると思うと、頭がおかしくなったね…D君の喉の奥まで出し入れするフェラに苦しみながらも、私は声を荒げた。
鼻水がちょっと出てきたのを覚えている。
 

話し声はなくなり、みんなの熱い吐息だけが聞こえていた。

君が「あーイクぞ!」と言ってまた口の奥で射精してきた。
 

精液の量が前と比べて少なかったが、さすがに慣れなかったね…咳き込んだ。
A君が独り言のように「すげー気持ちいい」と繰り返し言っていた。
 

るとC君が「やべイク」と言って私の顔にアレを持ってきて射精。
私は目をつぶってA君の精液を顔で受け止めた。
 

C君が出し終わり、離れた。

君が「うわ、顔射エロイな」と、精液のついた私の顔を褒めて(?)いた。
 

B君はC君が出している間も、ずっと私にアレを咥えさせていた。
B君が「よし俺も顔に出してあげるからね」と、D君のように奥まで腰を打ち付けてきた。
 

君とB君のピストンに犯されながら、私は必死に呼吸しながら感じていた。
するとB君が「顔にかけるね!」と言って口から抜いて顔に射精。
 

B君は顔にかけている時、A君も「あー俺もイク!!」と言ってゴム出しした。

は二人ほぼ同時に射精されてしまった。
 

「あー気持ちよかったぁ」とB君が離れ、A君も離れた。
私は目が開けられない中、私は犯された感覚に震えていました…5Pで昇天

 

 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑