でかチンポを目の当たりにw┃雨でずぶぬれの少年君を家にあげた人妻ですw

カテゴリー 人妻の体験談タグ

雨でずぶぬれの少年君を家にあげてシャワーを浴びせてあげたら、ハプニングでたくましいおちんちんを目撃してしまった件です(汗)。

 

 
そう、あれは、日も蒸暑いなぁ、と思う盛夏の昼過ぎでした・・・
 

 
 

 

 
 

雷の音がしたかと思ったら、急にバラバラと音をたて、激しい夕立が降ってきました。
 

 
 

 

 
 

暫く降り続く雨音を聞いているうち、洗濯物を干したままなのを思い出しました。
 

 
 

 

 
 

大変!と思って、片づけに裏庭の物干し場に出てみると軒下に男の子が立っていました。
 

 
 

 

 
 

「あらら、どうしたの?」
と声をかけると、濡れちゃって、と困った顔をしています。

 

良く見ると、あどけない顔の少年は、全身ずぶぬれで立ち尽くしています。
 

 
 

 

 
 

「まぁ、かわいそうに。傘を持ってなかったのね」
私はまだ高校生らしい男の子がかわいそうになって、縁側に招き入れました。
 

 
 

 

 
 

近くの高校に通っている、と言う少年は下校途中だったらしくて、タオルを渡して頭を拭いた後も、服はすっかりびしょ濡れでポタポタと袖の先から、しずくが垂れています。
 

 
 

私は

「まぁ大変!中までビショビショじゃないの?乾かさないと風邪ひくから」
と上着を脱ぐようにいいました。
 

 
 

 

下のカッターシャツもズボンも、すっかり濡れてしまっていて、少年はくしゃみをしました。
 

 
 

「とりあえず、シャワー浴びなさいよ。そのあいだに乾かしてあげるから」
少年は、ものおじしていたけれど、私が促すと、縁側から上がり脱衣所に行きました。
 

 
 

 

 
 

私が浴槽にお湯を張りながら、脱衣所の少年を見ると、まだ脱いでいません。
 

 
 

ほら、早く濡れたのを脱いで・・と言うと、少年は素直にパンツまで脱ぎました。
 

 
 

 

少年が浴室の扉を開けて入って行く時に、私は、つい象徴を見てしまいました。
 

 
 

少年のそれは、きゃしゃな体格に比べ、立派なものでした。
 

 
 

 

 
 

脱いだものを脱水乾燥機に入れ、浴室内をうかがうと、すりガラス越しにシャワーを浴びる少年の立位姿が映っています。
 

 
 

あの先から、ボタボタとしたたる湯が、床タイルに跳ね返って飛び散る様子を見て、私は思わずため息が出てしまいました。
 

 
 

 

 
 

結婚したのが5年前。

 

日繰り返していたのに、妊娠しない私が不妊症と病院の検査で分ったのが1年前。
 

 
 

 

 
 

子供を望んでいた主人はその日来、別人のように変わり、毎日の帰宅が深夜になる有様で、時には背広に、私が使っていない香水の残り香を感じる日もあります。
 

 
 

私は、いけない気持ちがふつふつと起こってきました。
 

 
 

 

 
 

不妊症でも、感じるところは感じるのです。
 

 
 

もう1年も・・そう思うと、今にも全裸になってガラス戸をあけてしまいたい。
 

 
 

 

で・・でも。
 

 
 

い、いけない。
 

 
 

 

 
 

で・・でも、でも・・・・あぁ・・・・ガラッ!。
 

 
 

扉をあける音で、私はハッとしました。
 

 
 

 

 
 

驚いた表情の少年は、裸のままバツが悪そうに立っています。

 

「ご、ごめんなさい」
私は用意しておいたバスタオルを渡して、脱衣所から出ました。
 

 
 

 

 
 

リビングに逃げるように入った私は、もろに見えていた少年の象徴が忘れられず、両手を顔にあててソファーに座りこんでしまいました。
 

 
 

室内に少年が入ってきた気配を感じたので、うつむいていた顔を上げると、童顔の少年はニコニコして座る私をみていました。
 

 
 

 

 
 

ありがとう、と言った少年は、腰からバスタオルを巻き、上半身裸でした。
 

 
 

「あ、ごめんね。何か着るものを」

「いえ、いま暑いからいいです」
気がつくと、少年の目がチラチラ私の胸元を気にしているのが分ります。
 

 
 

 

「ぇ?・・」

「あ・・いえ・・・・」
少年は目をそらすけれど、また気にしているようです。
 

 
 

「・・・ふふ、興味あるのね」

「・・・・」
少年は顔を赤らめてうつむきました。
 

 
 

 

 
 

「見たいの?」

「・・・・・・・・・・」
私は、何かのときめきを覚え、心が踊りました。
 

 
 

ボタンを外し、ブラウスを脱ぎ去った私のブラジャー姿を少年はじっと見つめています。
 

 
 

 

 
 

私はソファーの上で後ろ向きになり

「触ってもいいのよ」
と言ってしまいました。

 

る恐る手を伸ばしてきた少年はブラジャーの上から触りました。
 

 
 

 

 
 

「ふふ。おっぱい・・触る?」
少年にフックを外させて、あらわになった、素肌の乳房を背中越しに両手で掴ませると

「ほら、女のおっぱいは、こうやって揉むのよ」
私は少年がつかむ両手の上に手をやって、下から押し上げるように、回しながらゆっくりと力を入れました。
 

 
 

 

 
 

背中に少年の胸板を感じながら、何分も乳房を揉まれ続けると、両乳首がピン!と尖ってきてしまいました。
 

 
 

「そう・・上手よ!・・とっても上手」
時々、少年の指先が完全に勃起した乳首に触れます。
 

 
 

 

「ぁ・・ぃ・・・いいわ・・・ぁ・・・た、たまらない・・・・」
もう、私は頭の中が真っ白になって、未成年、それも高校生にこんな事させてはいけない・・と頭の中では分っていても、もう、どうしようもなく、女としての躰を預けるしかありません。
 

 
 

いつしか、私は自分から、乳房を揉む少年の右手をとって、スカートをまくらせて、白いパンティの上から、大事な谷間を触らせてしまっていました。
 

 
 

 

 
 

左手で左のおっぱいを揉まれ続けられながら、右手で女の大事なところをまさぐられた私は、もうメロメロで、とうとう、自分から全てを脱ぎ捨て、すっぽんぽんの産まれたままの姿になって、ソファーの上で、少年の目の前に両足を大きく広げてしまいました。
 

 
 

少年の目が盛り上がる二筋のあいだ、割れ目の中の一点に集中しています。
 

 
 

 

 
 

すでに腰から巻いたバスタオルは床にひろがり、私に興奮している少年の象徴は立派な大人の姿をしています。

 

「そ・・いいわ・・いいわよ・・」
私は少年をソファーに仰向けにさせ、馬乗りになって、恥丘の下、陰裂にあてがいました。
 

 
 

 

 
 

「はぅ!・・・ぅ・・・ぅ・・・」
腰を落とすといきなり、脳天に達するかのようなショックが襲ってきました。
 

 
 

腰を上げ下げする度に、ズブズブと音をたてて、私の奥深くまで快感が襲ってきます。
 

 
 

 

 
 

何回も上下させるうち、生温かいものをお腹の中に感じました。
 

 
 

あっ・・やっちゃった。
 

 
 

 

私は、まだだったけれど、この子なら仕方がありません。
 

 
 

ふぅ、私はため息をつくのをぐっと堪えて、腰を上げると、白いものがあふれ出してきました。
 

 
 

 

 
 

少年は仰向けで真っ赤な童顔で私をみつめていました。
 

 
 

私は、かわいい目と視線をあわすと

「ごめんね」
とつぶやきました。
 

 
 

 

 
 

ティッシュをとって、拭いてあげたあと、私も紙をあてていたら、急に少年は私に抱きついてきました。

 

?」
少年は今度は、私を仰向けにソファーに押し倒すと、上にかぶさって抱きついてきます。
 

 
 

 

 
 

下の部分に、固いものを感じました。
 

 
 

「まぁ!・・・こ、こんなに早く・・・いいわ、じゃ、今度は私が下ね。こうしてね」
私は仰向けで足を広げ気味にして、少年の象徴に手に添えてあの部分に当てると、腰を前に動かす様に教えました。
 

 
 

 

 
 

「あん!」
なんて賢い子なんでしょう、何回かの後には私に声を出させるまでになってしまいました。

 

「あ・・ああぁぁぁン!・・・す、すごいわ・・・」
今度は、さっきよりも長く入ってきました。
 

 
 

 

 
 

2回目が終わり、丁寧に拭き終わったころ、少年はまた元気になってしまいました。
 

 
 

「え・・・も、もうなの?」
今度も、私が受けとめる形で差し込んできました。
 

 
 

 

 
 

「あぅ・・あぅ・・あぅ・・・・」
なんと、今度は突っ込みながら、両手を伸ばして、乳房を揉みだすではありませんか。
 

 
 

女の大事な3ケ所を同時に刺激され、私は段々と全身の力が抜けていく気がしました。
 

 
 

 

「はぁはぁはぁ・・・・」
少年は3回目が終わっても、すぐに、また私を求めてきました。
 

 
 

「はぁはぁはぁ・・・・ち・・ちょ・・ちょっと待って」
4回目が終わる間際、私はとうとう、いってしまいました。
 

 
 

 

 
 

少年は女のクリの存在も知ってしまって、私がブルッと全身を震わせる豆を盛んに刺激するようになってしまったのです。
 

 
 

私は、クタクタに疲れ、躰が言う事をきません。
 

 
 

 

 
 

それなのに、少年は、またも私を求めてきたのです。

 

「も、もう堪忍して!・・お、お願い」
やっとそれだけ言うと、私はソファーから転げ落ちるように、床の絨毯にうつぶせになりました。
 

 
 

 

 
 

すると、お尻の割れ目のあいだに少年の手の感触を感じました。
 

 
 

「・・え・・・な、なに?」
言葉にならない声でつぶやくと、大事なあなの中に、あれではない感触を覚えました。
 

 
 

 

 
 

「あ・・う・・・」
うつ伏せのままの私は、あなの中を自由に動き回るものが、少年の指だと分るのに時間はかかりませんでした。
 

 
 

「ひっ!・・・そ、そんな事って・・・」
あの中のGに少年の指先が触れるたびに、私は段々と腰をあげてしまいました。
 

 
 

 

らなくなって突き上げたお尻の谷間の穴から這いまわる少年の指が、また豆を刺激しています。
 

 
 

「ぁ・・あぁぁ・・・・・・あぁぅぅぅぅぅ・・・・・・」
気がつくと、私はソファー下の絨毯の上で仰向けのまま、天井の蛍光灯の眩しさを覚えました。
 

 
 

 

 
 

少年の気配は感じません。
 

 
 

よろよろと起き上がると、ガクガクと震える足の間からポタポタと白いものがしたたり落ちました。
 

 
 

 

 
 

窓からの日差しは途絶え、もうすっかりと夜のとばりでした。
 

 
 


 
【35万箱突破のモリモリw】

 

 

 
【画像】 管理人体験談
関連体験談
最新記事
ほへーっw
当サイトに掲載している体験談は妄想好きな作者の創作物です。実在の人物や事件とは全く関係ありませんので、ご理解の上お楽しみくださいませ。なお、当サイトでは熟女とのエッチな体験談を常時募集していますので、貴方のエロ体験談を是非教えて下さい!
投稿フォームはコチラ
PAGE TOP ↑